読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「星とハチミツの存在証明(テスタメント)」感想

ライトノベル このライトノベルがすごい!文庫

星とハチミツの存在証明(テスタメント) (このライトノベルがすごい!文庫)

星とハチミツの存在証明(テスタメント) (このライトノベルがすごい!文庫)

〈あらすじ〉
かつて一番星光世はヒーローだった母を失った。
それから11年、平穏な高校生活を送っていた彼の前に、非日常は何の前触れもなく訪れる。
異形の襲撃者から光世を救った、蜂蜜色の髪の少女が差し伸べた手。
それは、存在の力“ザイ”をめぐる、証明者(テスタメント)と修正者(コレクター)との終わりなき戦いへの扉だった――!
「俺が、世界を照らす光星(ヒーロー)になってみせる!」超超超・王道学園バトルストーリー、開幕!

内容ギッシリだったなあ。
正直、一冊で話を落とせるとは思ってなかった…けどちゃんと話に蹴りも付けてまとまっている。

超人的な力を持っていたヒーロー…母親を失った一番星光世は時が経ち、街で起こる不可解な事件に巻き込まれる。『証明者』と『修正者』と呼ばれる存在の力『ザイ』を操る者たちの争い。光世を救った少女・蜜音の手引きによって、光世もまた『ザイ』の力に目覚め、陰謀渦巻く二つの勢力の戦いに身を投じていく。

設定はそれほど複雑ではない。しかし設定説明がどうにもゴチャゴチャしてしまって読みにくい。それでも読み進められるのは主人公である光世の「挫けない心」が眩しいほど格好良くて好感が持てるからだろう。
最初は蜜音に助けられるばかりだった光世が、死線を潜り抜けるたびに成長していく。その過程でたいぶ親友たちに担がれていて、事実が判明するまでは随分と血生臭い話なんだなあ、と思ったりもした。
母親の遺言通り、ヒーローになって蜜音を…人を救って救って救いまくる光世の姿が気持ち良いなあ。終わってみればハッピーエンドで締め括っているが、まあなんというか、最初の『証明者』と『修正者』の争いとはいったい何だったんだ感が…(笑)終わり良ければ全て良しか。