飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「彼女の恋が放してくれない! 3 手錠が外れてもずっと一緒です。 」感想

彼女の恋が放してくれない! 3 手錠が外れてもずっと一緒です。 (GA文庫)

彼女の恋が放してくれない! 3 手錠が外れてもずっと一緒です。 (GA文庫)

〈あらすじ〉
わたしは、ずっと……子供の頃から……
戌亥さんのことが、好きだったんだ――
「おふたりの力になりたいんです」
戌亥に対する恋心をハッキリさせた美咲と宮下。
つぼみはそんな二人の恋を手伝い、戌亥を手錠から解放することを決意した。
折りしも季節は夏。さっそく水着でアピールとばかり、積極的なアタックを行う 女性陣のおかげでプールサイドは大騒動!
だが、賑やかな日常の中で、つぼみはついに自分の初恋の相手が、本当は 戌亥だったことを知ってしまう。
友達としての現在のポジションを大切にしたいと思っていた矢先の衝撃の事実に、大きく動揺するつぼみだが……!?
ゼロ距離拘束ラブコメディ、グランドフィナーレ!

ああ…これで終わりなのか。残念です。
でも本来なら短編ひとつ分のネタである「鎖で男女が繋がれる」状況で3巻も引っ張ったのだから、ここで幕引きにした方が綺麗に終われるよね。
実際、この巻で綺麗にまとめて話にもしっかりオチを付けている。本当に面白かった!

美咲と宮下の恋を応援すると宣言したつぼみ。この状況が思った通りつぼみの首を締めることになるのだが。
鎖に繋がれているのを良いことに、慎太郎もつぼみもイチャイチャしやがって…!
つぼみさん、友達への宣言はどうしちゃったんですかね(笑)いやまあいつも通りで良いと思いますが!

夏といえば水着!(いろいろ省略しての結論)
ということで一同、プールへ。最終巻にして滑り込みの水着ショット。グッジョブと言わざる終えない。有河さんイラストありがとうございます!
そしてついにつぼみが真実を知る時がやってくる。あれだけ無防備な姿で慎太郎に接していたのに、意識し始めたら動揺続きのつぼみ可愛いよ。しかし慎太郎が「初恋の相手」と分かった途端の変化なので、ちょっと現金な気もするけど。
お互いの気持ちは繋がれていた鎖よりもずっとずっと近いのに、なかなか最後の一歩を踏み出せないでいる二人。恋に理屈を持ち出す慎太郎の固い頭を砕いてくれたのが、つぼみにとって恋敵の美咲というのが。最後まで気持ちの良い噛ませ犬…幼なじみキャラを貫いてくれましたね、美咲さん…ぐすん(涙)
「手錠が外れてもずっと一緒です」
収まるべきところに収まった。イチャイチャ再開して周囲の苛立ちもMAXですな。や、しっかり慎太郎が男魅せて決断してくれて良かった!
これぞラブコメだ!