読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「EIGHTH 10」感想

マンガ

EIGHTH(10) (ガンガンコミックスJOKER)

EIGHTH(10) (ガンガンコミックスJOKER)

〈あらすじ〉
盗まれたりおの研究データを取り戻すために、敵スパイの身元を探ることになったナオヤ。
だがその間に、りおの研究データを悪用したと思われる事件が発生し、事態はエイス全体が巻き込まれる形に発展していく…。
エイスVSライバル企業編、急展開!! 
ルカ視点での束の間の番外編も収録!!

ヒカルのヘソ出しはとても健全でハートを射抜かれました。でもヒカルが銃を扱えるほど器用には思えないのでそのまま殴りかかってきそうだ(笑)

エイス転覆計画がいよいよ実行に移される。しかもその計画はりおの願いを…iPS研究に関わる人たちの想いを踏み躙るものだった。
りおの研究データを盗み出したスパイ探しのため、監視カメラの映像を洗うナオヤとルカ。セルシアにしか興味のないルカにはどうでもいい作業だけど、なるほど、セルシアの感情を利用すれば糸も簡単にルカを動かせるのね。ナオヤはルカの扱いが上手い…というか慣れたんだな。
働き詰めのナオヤとルカの元に押しかけてきたヒカルとセルシア。ルカとセルシアの関係がどういったものに発展するかはともかく、少なくとも良い関係であるのは間違いないこともあって、対ナオヤに関してはヒカルさんがまさかの正妻ポジションに収まる…?ナオヤの口煩くするヒカルの姿は奥様やでえ。

そんな可愛い二人の襲撃(?)がキッカケとなり、記憶を呼び覚ましたナオヤによってついいにスパイを炙り出すことに成功。が、相手の方が上手で全てを予見して動いている節があり、ナオヤにプレッシャーがかかる。
ナオヤが感じる強敵の気配はズバリ当たりで、随分と怖いお姉様のようで。エイス打撃を与えたいだけの小さい視点で生きていたアストライヤのバカ社長を手玉に取って、会社の乗っ取りを図る。
歯には葉を。怖いお姉様には怖いお姉様を…という訳ではないが、ちょいちょい登場していたミラが同行することに。これまた凄い女性のようです。いや、エイスに登場する女性が凄くないことがないけど。

アストライヤの社長は捕まえたけど、りおの研究データを悪用していた張本人はまだ捕まえていない。りおを泣かせたおまえは許せねえ。ナオヤが絶対にとっちめてくれる!!