読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「学戦都市アスタリスク 05. 覇凰決戦」感想

ライトノベル MF文庫J

学戦都市アスタリスク 05. 覇凰決戦 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
熱戦続く《鳳凰星武祭》準決勝第一試合。アルディの驚異的な学習能力やリムシィの飛行ユニットの存在が明らかになるも、紗夜の大技や綺凛の"連鶴"が効果を発揮し、試合は有利に進む。だが、アルルカントのタッグにはとっておきの隠し玉があり……。その一方で、フローラの誘拐が発覚。犯人は《黒炉の魔剣》の封印を要求してくる。レヴォルフの諜報工作機関──黒猫機関の関与を疑う綾斗達は彼らの縄張りである再開発エリアへ向かうが、そこで綾斗は偶然謎の少女に出会い――!? 「――なあ、綾斗。信頼できる仲間がいるというのは良いものだな」最高峰の学園バトルエンタ、《鳳凰星武祭》衝撃決着の第五弾!

バトル、バトル、間にストーリー進行を挟んで又バトル!…の展開。読んでると結構疲れますね。や、否定の意味はないのですが。とりあえずアルディ&リムシィ組のやり方は規制した方が良いと思います。それを超える綾斗たちの強さもなかなかチートではあるけど(笑)

この巻で一区切りがついて、一休みの後続いて『獅鷲星舞祭』に移っていくようですが。初お目見えしたシルヴィア。ヒロインの内に数えられるキャラクターだし、表紙を堂々飾るほどなので活躍しそうだが、まずは強敵という扱いになるのかな?
しかしこの進行速度。予想通り風呂敷は広いなあ。