読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「理想のヒモ生活 5」感想

ライトノベル ヒーロー文庫

理想のヒモ生活 5 (ヒーロー文庫)

〈あらすじ〉
カープァ王国最大の港、ワレンティア港に突如現れた大型帆船。 それは北大陸ウップサーラ王国からの使者だった。ウップサーラ王国第一王女フレア・ウップサーラと名乗るその少女は、カープァ王国との国交を求める。 王都を離れられない女王アウラに代役として、ワレンティアの街へ跳ぶ善治郎。一方その頃、塩の街道では、プジョル将軍の指揮の下、大規模な山狩りが始まっていた。 プジョル将軍の的確な指示の元、徐々に追いつめられていく群竜達。追いつめられた群竜達は、西の山へと逃げ込む。塩の街道の西側は、いくつかの山を挟んでワレンティアの街に続いている。 ワレンティアでフレア姫一行と対面を果たす善治郎。善治郎に対し、カープァ王国との大陸間貿易を希望するフレア姫。 貿易は女王アウラの意にかなう提案。大筋では同意する善治郎が交渉を続けているさなか、ワレンティアの街に緊急を告げる鐘の音が鳴り響く。 それは、塩の街道から逃げ来た群竜達がワレンティアにやってきたことを告げる音だった……。

ここにきて表紙がアウラ以外で、しかも「新ヒロイン」とか帯で煽っているのを見たせいでお兄さん変な期待しちゃったよ、てへ。そろそろアウラ以外のヒロイン…側室ヒロインが出てきて欲しいなあ。番外編の問題児三人じゃないけど、どんな聖人が側室になるんだよ、と。

善治郎の采配は胃が痛くなるようなことばっかりだな。変に名声を広げられないだけにこねくってこねくって考えて行動に出ないといけないのが読んでる方としてはストレスだったりするけど、それがこの作品の醍醐味だったりもするから。ちょくちょく失態のある善治郎だが、今回は結果的にアウラを救えて良かったのかなあ。「新ヒロイン」と言われているのだから、フレア王女には期待したいところだ。