読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「僕は友達が少ない10」感想

僕は友達が少ない10 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
慰安旅行がきっかけで、隣人部は生徒会主催のクリスマス会の準備に関わることになる。隣人部の面々がそれぞれ他の部員や生徒会メンバー、その他の生徒達との仲を深めていくなか、柏崎星奈はついに気づいてしまう――「もしかしてあたしって……人望ないのかしら」「いまさら!?」とツッコみながらも小鷹は星奈に協力し、自らも"本気で"変わることを決意する。そしてついに、リア充界最大の祭典、クリスマスが訪れるのだが……。大人気残念系ラブコメディ、激動の第11弾。少年少女達の気持ちが複雑に交錯する聖なる夜、今度こそ本当に、三日月夜空、復活!!

挿絵がなくても表紙さえ書き下ろしならばそれで満足です。そう!それが訓練されたラノベ読みの成させる技…特に技でも何でもなかった。

シリーズものは間が空くと展開どころかキャラクターさえ忘れてしまっているのがなあ。とりあえず思い出しながら読んでましたが、夜空は良い奴なのか悪い奴なのかハッキリしないけど、酷い奴なのは間違いない。そうしてみると理科はマジ良い奴。付き合うならどう考えても理科です本当にありがとうございます。

しかし最後の展開…どう考えても読者の予想を超えようとして取った展開にしか思えないのだけど、これはどう決着つけるんですかね(笑) 僕としてはもうここまで来ちゃうと誰でも良いです。ただ夜空は小鷹じゃないと、どうにもならない気がするぞ。