読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「覇剣の皇姫アルティーナVII」感想

ライトノベル ファミ通文庫/エンターブレイン

覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
提督代理を任されたレジスの指揮により、ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない……しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。果たして、戦争の結末やいかに!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第七弾! 小綺譚、同時刊行!!

今回のお話を読んでいて気付いたのだけど、どうやら僕はラトレイユ様が好きらしいぞ。アルティーナからすると「政敵」であるがその生き様に惹かれます。

あと今回、アルティーナとレジスの仲が良く描かれていたな、と。個人的にはクラリスさんとレジスは仲良くして頂きたい訳ですよ、はい。(ニヤリ)
アルティーナは妹ちゃんキャラですな。さて王様=父親を殺めたラトレイユは戴冠しそうであるが、アルティーナはどうするんですかねえ?