読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~」感想

MF文庫J ライトノベル 新作

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

〈あらすじ〉
これは嘘を真実に、空想を現実に変える、いや変えていった人間達の魂の物語である。西暦2070年。人類が謎の生命体マリスから襲撃を受けて半世紀以上の時が流れた。
「闘うの……ヤなの。痛いのイヤ……もう全部……ヤなのイヤ……助けて、誰か……」
だがマリスに唯一対抗できる巨大兵器 <黒き魔女> デストブルムのパイロット・セレンは絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。そんなある日戦場に奇跡が舞い降りる。国籍不明の謎の戦闘機が出現、この世界に存在し得ない超兵器で、マリスを一掃する。盛り上がる人類。だが、戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツ・レクイエム」のパイロット、エイルン・バザットそっくりの少年で――。

なにやらTwitterで話題になっていたので早速購入、読み終えました。
「アニメ化を意識したラノベ」というのは幾つも見てきたけれど、ある意味ここまでアニメ化を意識したラノベもなかなかないんじゃないかな、と(笑)この作品の作り、面白いなあ。

時は西暦2070年。人類は謎の怪物・マリスの侵攻によって危機に瀕していた。マリスに対抗できる唯一の兵器……それは人のカタチはした巨大兵器。それを操縦できるただひとりの少女セレンは、迫り来るマリスと、そして心を蝕む絶望と戦っていた。もう戦いたくない。追い詰められるセレンを救ったのは、一機の戦闘機だった。現代ではありえない超兵器でマリスを倒したパイロットは、なんと大人気アニメのキャラクターの名前を名乗った。現実と虚構が重なり合うロボットバトル!

絶望に押し潰されそうになっていたヒロインを救ったのは、現実世界にやってきたアニメのキャラクター。超兵器を持ち込み、本人もまた常人の数倍の身体能力を有するとんでもない少年、それがエイルンだ。

冒頭から絶望的な戦いが始まり、世界観を把握しながら怒涛の展開に引っ張り回される。正直、100ページまでは疲れるし苦行でした。しかしそれもエイルンが現れてからは一転。真っ直ぐな性格のエイルンが現実と虚構の狭間で「自分とい存在」に悩みながらも、セレンを始めとするヒロインたちの命を、心を、そして人類までをも救っていく姿がカッコイイのですよ!

イラスト担当が三名もいるこの豪華さ。挿絵ではなく、展開に合わせたマンガまであるこの作り方はあんまり見たことないな。

今回はエイルンの素晴らしさ、彼に引っ張られるヒロインたちの熱き想いを知ったので今度は和気藹々としたところも見たいなーと。