飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ゼロから始める魔法の書 (2) コミカライズ」感想

ゼロから始める魔法の書 (2) (電撃コミックスNEXT)

〈あらすじ〉
世界を滅ぼしうる力を持つ【ゼロの書】を探すゼロと、その護衛をすることになった半獣半人の傭兵。旅をする2人は、書があると言われる町へと辿り着く。しかし、そこは何者かに襲われており――。

いわさきたかし版の『ゼロから始める魔法の書』2巻でございます。いやー、2巻発売。めでたい! 原作そのままに漫画化していてこれは本当に良いな!

原作1巻既読なので扉絵を見ても、いろんな意味で違和感を持ちました。はい、純粋に可愛い二人を堪能してしまったよ。

ボロボロの服装のゼロ……華麗なるコスチュームチェンジ。そういえば、周囲の視線などなんのその、ゼロが全裸になって着替えるシーンとかありましたね。「ズキューン!」ですよ。おい、読者にもいい思い出させろ!(抗議)

傭兵とゼロのコンビ? カップル?……肩にヒョイと担ぐところはある種自然で好き。傭兵のモフモフに顔を埋めたいぞ!(獣くさい)

しかしゼロはフードを被っていると幼い感じがするが、脱ぐと確かに美女化するなあ。(笑)