読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「僕と彼女のゲーム戦争 (9) 」感想

僕と彼女のゲーム戦争 (9) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
前回参加した大会がきっかけで、ゲームの上級者になるにはどうしたらいいのか悩んでいた岸嶺。天道や瀬名など部活のメンバーにアドバイスを求めていると、なんと気分転換という名目で杉鹿からデートに誘われてしまう。杉鹿と一緒に行った遊園地や、仲間との交流を通して上級者になるためのヒントを掴んだ岸嶺は、独自の練習を重ねていく。そして迎えた練習試合で、ゲーマーとしてまた一つレベルアップするのだった!
今回も実在の人気ゲームが多数登場! 熱いプレイシーンは必見! な第9巻!

今回気づいたのだけど、どうやら僕は杉鹿派のようだ。やはりヒロインは金髪に限るな!(そこかよ)

くにおくんシリーズ……懐かしい。くにおくんの時代劇にアイスホッケー、そして今回題材になった大運動会を良くファミコンで遊んでたなあ。特に時代劇は遊び倒した。コガネムシ?……知らない子ですね。そういえばスーパーファミコンのくにおくんの挽歌も良くやりました。うおおおおお、やりたくなってきたな。

最後に題材となった『EVOLVE』は買おうとして止めたゲームだわ。これ買ったらハマって日常生活が滞ると思ったから。日常生活=ラノベ読むで解釈していただいてオッケーです。いやー、でも読んでるとやりたくなるなあ。システムとしてはドツボなだけに、やり出したら絶対ハマってしまう。なので買わない。(結論)

次の巻でこの作品は幕を閉じるようで。最後は何のゲームをやるんだろ。やっぱ良く扱ってきたFPSかな。