読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ゼロから始める魔法の書 (3) コミカライズ」感想

ゼロから始める魔法の書 (3) (電撃コミックスNEXT)

〈あらすじ〉
ゼロたちの前に立ち塞がる怪物は――。物語が大きな展開を迎える第3巻!!
【ゼロの書】を探すゼロと、その護衛をすることになった半獣半人の傭兵。旅をする2人は、書の在り処を知るという魔女・アルバスと行動をともにする。そして3人の前に、ゼロの同胞"十三番"が現れ――!?

気づけばコミカライズ版も3巻になります。表紙のドヤ顔のゼロかわいいンゴ。

まず言わせて欲しい。アルバス可愛い! 時代はやはり僕ッ娘を求めていると思うんだ。ゼロと傭兵が仲違い(?)したこともあって、後半のアルバスのヒロイン力はなかなか魅力されるものがある。ぷりっぷりのお尻、素敵……ハッ! まさかこれが魔女の魔力!? おのれ魔女めっ!

あとさりげなく仲間になった、というか同行することになったホルデムさん。現金な感じで僕は好きです。最後に一言、傭兵をモフモフしてえ!