読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「女の子が完全なる恋愛にときめかない3つの理由」感想

女の子が完全なる恋愛にときめかない3つの理由 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
男女の恋愛感情を利用して学内で莫大な利権を得ようと目論んだ神崎京一は、仲間の裏切りにあい、所属サークルを追放されてしまう。実はこの学校には、男子には見えない恋愛に関する"女子の裏ルール"が存在し、男子は密かに格付けされていた。さらに、恋愛ビジネスを生業とする裏の集団まで存在し、利権を牛耳っていたのだ! 再び学内でのし上がるため、神崎は新たに恋愛コンサルタント業を立ち上げるが、そんな彼に付いてきたのは、恋愛に夢見がちな頼りない少女、鈴木夕凪だけで!? 恋愛はビジネスだ! 女の子しか知らない秘密の恋愛ルール、教えます!!金と欲望、そして《真実の愛》を描いた、土橋真二郎、待望の新シリーズが登場! これを読めば貴方もモテモテ間違いなし!?

久しぶりに土橋作品を読むような気がしましたが、良く良く考えてみると『コロシアム』がありました。最近はメディアワークス文庫で出版しているイメージがあったので、どこまで読んだのか分からなくなっている自分がいる。(白目)

感想ですね。まあまずなんですけど、タイトルを見た時点では「お? これは『OP-TICKET GAME』のようなバカを土橋さんの持ち味全開でやってくれるのかな?」と思っていました。しかし読んでみたら驚き……どっちや、バカになって読めば良いのか? それとも真面目に向き合わないといけないのか、これは?

戸惑いながらも土橋作品らしいゲーム的な展開は興味深かったものの、終始「どういう姿勢で読めば良いのか?」の疑問が付きまとって集中力を欠いた感じです。ただひとつ分かったのはやはり主人公の斜に構えた性格の描き方は流石だな、ということでした。(笑)