飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~」感想

29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~ (GA文庫)

〈あらすじ〉
29歳社畜・槍羽鋭二は二つの仕事を抱えている。一つは八王子営業チームの運営。もう一つは社長の孫娘・花恋と社長命令で交際すること。どちらも問題アリアリ。新たに異動してきた上司は狡猾なブラック野郎。そして花恋は槍羽にデレまくり、純粋で一途な恋心を向けてくる。有能な槍羽を自分の派閥に抱き込もうとする上司をかわし、可愛いJKの求恋を叱り飛ばして日々を乗り切る槍羽だが、「顧客情報漏洩」という会社の一大事が降りかかる。そして普段はクールな部下・綾からはセクハラ被害を相談されて――!?

少し遡って2巻の感想を書いてみます。この2巻、分厚かったんだなあ。タイトルの割に中身は骨太な作りなので、いや、これタイトルで得してるのか損してるのか良く分からない。(笑)

前回に引き続きJKと付き合いながら(犯罪)、会社内部の闘争に巻き込まれていくスタイルの鋭二。それでも対応できて戦えてしまうのは鋭二が有能すぎるから。これはもう優秀な鋭二の有能っぷりを拝む物語に特化して良いと思う。