飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「矛盾が神を殺すまで 1 〜その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く〜」感想

矛盾が神を殺すまで 1 ~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)

〈あらすじ〉
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―その対決の結果は…あまりにも予想外のものだった!!世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

「矛盾対決」と聞くと、前に放送していたテレビ番組。「絶対に穴の開かない金属VS絶対に穴を開けるドリル」みたいな、男のロマンを詰め込んだのやってたなあ、と思い出した。あの番組、問題があって打ち切りになったんだっけ……それはともかく。

盾の騎士ザックと矛の騎士ミシェルはお家事情で仲が悪いふりをしているけれど、実は恋人同士で、いつかは公の場で結ばれたいと願っている。そんな二人に最強の矛と盾をぶつけたらどうなるか、という王様のしょうもない命を受けて実践したらとんでもない事態になったというお話です。

世界観・設定は分かりやすくて内容も起承転結しっかりしていた。ヒール役も適度に腹が立つキャラなので、ぶっ倒してくれてスカッとする。面白さを感じつつ、ザックとミシェルのカップルの純真さも味わえて良かったと思う一方、世界を巻き込む「何か」を思わせながらもこじんまりとした展開になってたのは少し物足りなかったかなあ。まあナンバリングしてあるところを見るに続きも期待できるだろうから、次では世界観の風呂敷を広げていって欲しい。

「ひきこまり吸血姫の悶々」感想

ひきこまり吸血姫の悶々 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「…ふぇ?な、なに?」引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで「運動神経ダメ」「背が小さい」「魔法が使えない」と三拍子そろったコマリ。途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう!」はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー!引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?第11回GA文庫大賞優秀賞受賞。

何気にGA文庫大賞作品読んでるなあ、ということに気づいた今日この頃。世の中、緊急事態宣言が出されたようですが、なるべく引きこもってライトノベルを読んで感想を書いて行こうと思います。ラノベ読みは外出自粛に強い。

さて、吸血鬼のお話です。主人公は高名な吸血鬼の家系に生まれた一億年に一人の美少女お嬢様・コマリちゃん(ちんまい)。良くタイトルを見ると「ひきこもり」じゃなくて「ひきこまり」じゃん、名前とかけてんのかよと今更気づきました。安定の察しの悪さです。

ひこもりのコマリは親の策略によって血の気の多い部下のいる吸血鬼の大将軍に抜擢。本人は何もしてないのに偶然が重なって畏怖の対象になるまでの過程がまあお約束含め面白い。コマリも部下に侮られないように大見得切るけど、根はとても良い子なので部下への気配りを忘れず、妙に懐かれて慕われ出すのもほんわかしてて良い。

前半のコミカル差から一転。後半はコマリが何故引きこもるようになったのか、を中心にお話が進み、しっかりとこれまでの出来事に理由があったことが明示され感心。細かい伏線もしっかり回収してる。コマリと部下の絆が熱くてコッチの胸も熱くなるっての!全体として笑いあり涙ありのまとまりあるお話で満足でした。

「デッド・エンド・リローデッド 1-無限戦場のリターナー-」感想

デッド・エンド・リローデッド 1-無限戦場のリターナー- (HJ文庫)

〈あらすじ〉
時空に関連する特殊粒子が発見された未来世界。第三次世界大戦を生き抜いた孤高の凄腕傭兵・狭間夕陽は、天才少女科学者・鴛鴦契那の秘密実験に参加する。しかしその直後、謎の襲撃者により、夕陽は契那ともども命を落としてしまう。だが気がつくと彼は、なぜか実験開始前の時間軸で目覚めていた…。繰り返される死とループ現象の中、次第に強まる契那との絆と、解き明かされていく謎。果たして夕陽は、契那を絶望の死から救い、世界を混沌の未来から守り抜けるのか!?超絶タイムワープアクション、第13回HJ文庫大賞・大賞受賞作。

数年ぶりにHJ文庫作品を読むようです。読み終えてから気づいたのだけど、新人賞作品なのね、といってもWEB小説サイト出みたい。何にしてもペンネームが酷すぎて(褒め言葉)タイトルとあらすじが頭に入ってこなかった(笑)

ガチガチのロボットモノ、かと警戒しながら読んでみたらタイムリープモノだったでござるの巻。まああらすじ事前に読んでれば分かったことだけど。なので「ロボとかちょっと……」という人にも楽しんで読めるかと。

内容は元傭兵のロボット乗りの夕陽が、時空を超えてやってきた正体不明のロボに何度も何度も敗れ、天才科学者褐色美少女の契那を殺害されてしまう。夕陽はタイムリープを繰り返しながら、惨劇をひっくり返そうと奔走するお話。

クソ真面目な夕陽と、健気でメッチャ良い子の(11歳)契那の二人を中心に展開。「どうやって結果を変えるのか?」という過程と「そもそも謎のロボはどこからきて、何者が乗ってるのか?」についてを個人的には楽しみました。あと滅茶苦茶良い子の契那を愛でて、彼女が死なない世界線に辿り着けるよう夕陽を応援するのが醍醐味。伏線もオチも僕は納得ホクホクでした。しかし1巻とあるけど、綺麗にオチたように思えるのは僕だけですかねえ?

「城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない! 」感想

城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない! (GA文庫)

〈あらすじ〉
「僕の将来のクラン・メンバー、家族になってくれないだろうか?」モンスターが跋扈する遺跡・古城を攻略し、所有する集団―クランの設立を夢見る少年・レオン。彼はある日、ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと出会う。「家族って、こ、公私ともに?」「いや、僕のクランはハーレムにしたいし」「アンタわりかし最低ね!」そんなノリで組みはじめた二人はしかし、大型古城を支配する竜人姉妹や、有名クランを率いる獣人王と出会い戦っていく中で、彼らだけの城、彼らだけの最高のクランを創り上げていく―!二人の絆でどんな強敵も討ち倒せ!攻城戦から始める剣と魔法の英雄譚!第11回GA文庫大賞奨励賞受賞。

お城みたいな大きな家が欲しいか、と聞かれると「暖冷房効率が悪くて電気代かかる」「部屋が多すぎて掃除が面倒い」といった感想しか出てこない貧乏性な僕がいます。あと「夜にトイレに行くのが怖い」も挙げときたい。

まず読んでいて感じたのは「ほのぼのとしたファンタジー」だなあ、という何処か懐かしさを感じる世界観。古代の力を有する城を占領したり取り合ったりする設定は面白い。主人公のレオンは城主になりたい駆け出し剣士で、そんな中で出会う最初の仲間が、魔力はあるけど何処に飛んでいくか分からないノーコン魔導士のリリア。レオンがアホほど真っ直ぐで努力家なのに対し、リシアはマウント取りたい意固地な女の子なので読んでいると彼女にちょっと「おいおい言い過ぎやりすぎだろ……」みたいな感情が生まれた。まあそれも後半戦になると引っ込んできます。リシアがレオンの真っ直ぐさに惹かれ出すので。

レオンは戦闘力の自己評価が低いけど結構な実力者である、ということをもっと早くに読者に教えて、逆境を跳ね返す展開を見せているとレオンの印象も変わったかな、と思う。タイトルを見るに、レオンは城主になれないのか……それはそれで物足りないような気がするので、バンバンとレオン君には成り上がって欲しいかな。

「最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン」感想

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン (Kラノベブックス)

〈あらすじ〉
至高の恩恵を授かり、勇者となった男ガリウス。彼は魔王を倒し、人の世に平穏をもたらした最大の貢献者―のはずだった。しかし彼は手柄を王子に横取りされ、お払い箱となる。すっかり人間不信に陥ったガリウスは、ひょんなことからワーキャットを助け、敵対していたはずの“魔族”たちの楽園『最果ての森』を目指すことになった。“人”の業を背負う最強の勇者はしかし、心優しき“魔族”たちに受け入れられ―彼らのために、自身の居場所のために、次々に襲い来る敵を殱滅する!これは“人”ならざる者たちの、“人”に抗う物語。やがて“魔王”となる男の、悪しき人々を蹂躙する伝説が始まる―。

実はこういった単行本サイズのラノベを買うことが珍しいのだけど、時折ネットを彷徨っているとこの作品のコミック版の広告が現れて気になっていました。魔王を倒した後の勇者のその後って気になるじゃん?

魔王を倒して王様のもとに帰還したら、その手柄を横取りされた挙句、国外追放された主人公のガリウス。オークのような見た目のガリウスは人に愛されず、このあまりの仕打ち、そして自分を利用しての陰謀に嫌気が差す。そんな中で出逢った魔族……と称される亜人種たちの心の温かさに惹かれ、彼等と行動を共にすることになる。ガリウスはその特殊な能力を武器に仲間を守りながら、亜人種たちが逃れた地を目指す。

ガリウスくん、滅茶苦茶不遇な人生送ってきて可愛そう。ほんと人間ってクズね! と悪態を吐きたくなる序盤から一転、猫のような見た目のリッピやツンデレ美少女エルフのお嬢様・リリアネアなど、本来ならば人間の敵である魔族=亜人の方が優しくて仲間想い。しかもガリウスの見た目も気にしないと、まあ人間族を見捨てる決断は間違いなかったかと。

そんなこなんで辿り着いた亜人の街で始まったのはガリウスのスローライフガリウスは温かく迎えられ、亜人たちの生活を気に入り、また彼等から頼りにされる日々に満たされていく。第二の人生が楽しく始まった中で、今回はそこまで行かなかったけど、やがてガリウスは彼等のリーダー・魔王になるのだろうなあ。魔王になって人間滅ぼして欲しいです(闇笑)

「同棲から始まるオタク彼女の作りかた」感想

同棲から始まるオタク彼女の作りかた (ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
彼女にするなら絶対にオタクの女の子がいい。さらに黒髪ロングの清楚系で、美少女系コンテンツが好きなら最高だ!なのになぜ!「あんたが言ったんだからね!?私を、オタク男子の理想のオタク女子にしてやる、って…!」俺の好みとは真逆の隠れオタクリア充ギャルの二科心と同棲することになってんだ!?「男性向け同人誌って、色々しっかり描かれてるんだ…」俺の同人誌を部屋に持ち帰るな!「早速写真撮ってくんない?」コスプレ、パンツ見えそうだぞ…。「これでウケ悪かったら恨むからね!」オタク男子はみんな童貞を殺す服が好きなんだよ!オタクとギャルの同棲協定ラブコメ!

「キミラノ」の試し読みを文字通り試すだけのつもりが以下略やめてー!もうこの戦略で僕のクレジットカードのライフはゼロよー!

はい。僕も応援させて頂いた「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!」通称「オタリア」の作者ということで読んだけど、安定感以上に懐かしさを覚えたのは僕だけでしょうか?

今回はヒロインが一般人ではなく、隠れオタクのギャル系美少女ということで、オタク男子の主人公と共にオタクの彼氏・彼女を作る同盟を組むラブコメです。なんやかんやで同棲という名の同居をすることになる二人で、読めば読むほど「いや……お前ら息合ってるし、普通に付き合えば良いんじゃね?」と思うのだけど、付き合うとエンディング迎えちゃうのでそれは無しです。ただこの二人の夫婦漫才(死語)はテンポがあってて読んでて楽しくなる。

ちゃんと山とオチがあって二人の絆も深まっていく。ギャル系美少女が清楚系に擬態する度にドキドキしてる主人公くんの姿が地味に一番好きです。

「完全無欠の新人魔術生 伝説の最強魔術師、千年後の世界で魔術学校に入学する」感想

完全無欠の新人魔術生 伝説の最強魔術師、千年後の世界で魔術学校に入学する (角川スニーカー文庫)

〈あらすじ〉
魔神を討伐した六英雄の1人である魔術師・ギルフォード。魔神との戦いで瀕死の重傷を負ったギルは永い眠りにつき――目覚めた時、何故か千年が経過した上に若返っていて!? 千年前とは違う平穏な日々や常識――本来は秘匿するべき『特異魔術』をひけらかす魔術師達に戸惑うギル。それでも、「俺たちが手に入れた平和なら、謳歌しても文句はないよな」第二の人生を楽しむべく、最高峰の魔術学校に難なく入学し、常識外れの言動と能力で数々の伝説を打ち立てていく! 名門魔術学校での青春、そして謎の組織・アビスの暗躍――最強魔術師による新たなる王道魔術学園ファンタジー、開幕!!

なうり神のイラストなので買いました!(正直)
なので特にあらすじ等は調べに読み始めましたが……これも正直に言うと、期待はしていないかったのだけど……ごめんなさい、面白かった!

主人公は大戦で魔神を封印した魔術師・ギルフォード。魔神との戦いで深傷を負ったギルは仲間によって死の淵から復活を遂げる……のに千年の時を要した。目覚めると幼児になっていたギルは、千年の間、自分を守り続けてくれた吸血鬼のクローディアと共に身分を隠し、田舎で平穏に暮らしていた。そんな最中、魔術師としての才能を見込まれる出来事が起きたことから、ギルはエリート魔術師学校に通うよう薦められる。今では魔神を倒した六英雄の一人として讃えられるギルは今更学校に行くことを悩んだが、戦いばかりだった千年前とは違う青春を送って欲しいというクローディアの願いに共感し、決意する。人生を楽しむため、ギルは魔術師学校に入学し、そこで大切な仲間たちと出逢い……そしてギルの想いとは裏腹に大きな陰謀に巻き込まれていく。

一気に読みおえて思ったのは「読ませるべきところをしっかり読ませる」展開が上手いなあ、と。長々と引っ張らずに昔の出来事を終え、早々にギルの新しい人生が始まる。ひとつひとつの展開が長くならず幼少期から少年期までポンポンと話が進み、この作品大部分の舞台となるエリート魔術師学校へ。そこでギルはプライドが高い真面目なドロシーと、かつての仲間の血統を継ぐベルに出会う。

特にドロシーは最初ギルに対する当たりが強かったが、終盤に命を賭けたやり取りから絆を深めていく辺り、正ヒロイン感が強い。個人的には、なうり神のイラストもあってベルが好きです。こっちはこっちで昔ギルと色々と会ったであろう女性にそっくりらしいので、その辺りのエピソードも読みたい。

危機的状況も、滅茶苦茶強いギルがひっくり返していくのが気持ち良いねえ。戦いばかりだった昔が昔だけにやたら懐の深いギルの性格もあって、本来なら付き合いにくいドロシーとも結果的に上手くやれるようになったし。ギルは優しい。ちょいちょい女の子のこと気にしてるのも面白い。幼なじみ?のユフィも再登場してヒロインズに乱入するのかな。いやーどんな学園生活送るのか楽しみですね。イベントは盛り沢山っぽい!

「継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する」感想

継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する (角川スニーカー文庫)

〈あらすじ〉

親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。 “家族”らしさも板についてきた二人だが、ときおりあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で――。 そんな夏休みも半ば、伊理戸一家は父方の実家に帰省する。
「水斗くんじゃ~ん!! ひっさしぶりぃーっ!!」
水斗をハグで出迎えたのは、親戚の清楚風陽キャお姉さん・種里円香。 なぜか彼女には従順な水斗に、結女は察する――この人、水斗の初恋相手!? 昔の恋は振り切って、今の関係――“きょうだい”を受け入れたはずの元カレと元カノに、未練が渦巻く三度目の夏祭りが訪れる。 結女の決断に元カップルが大いに揺れ動く、夏休み帰省編!

祖父母両親とずっと地元にいるので「田舎に帰る」というのがなく、長期休みに田舎に行くことにちょっとした憧れがあったりします。結婚して嫁さんの実家に行く、というのができたけど、かなーり遠いところなので暴れん坊息子ズを連れてはまだまだ難しいなあ。

水斗の父親の実家に帰ることになった今回のお話。水着に浴衣と夏イベント満載です。田舎の親戚のお姉さんが登場し、水斗にベタベタ。結女をヤキモキさせるけど、実は強い味方で彼女を後押しする。元カノ元カレだからまた好きになってはいけない、なんて決まりはない訳で。世の中「よりを戻す」のは良くある話。特に気になる相手ならね。話の展開上、結女視点が多かったがこの視点の方が楽しい。自分に正直になって吹っ切れた結女メッチャ可愛いぞ。

ところで合間で搭乗した幼なじみカップル?はなんなん?イチャイチャ見せつけやがって(笑)あといさなと水斗の関係はもう夫婦なので結女が危機感覚えるの分かる。