飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「異世界はジョーカーに微笑んだ。」感想

異世界はジョーカーに微笑んだ。 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
罪を犯しても裁かれることのない権力者を趣味で殺害していた頭脳派凶悪犯罪者“ジョーカー”は、異世界に転生した。異世界で授かったあらゆるものを騙す“偽装錬金”の能力と、殺人鬼としての異常性。それらが重なり合い、彼は最強の救世の殺戮者となる。―“人は首を切断しても数秒は意識があるという。死の間際に己が愚行を反省しろ”―「第5回小学館ライトノベル大賞」にて優秀賞を受賞した問題作、『キミとは致命的なズレがある』で鮮烈デビューを果たした赤月カケヤが贈る、腐った上級国民は全て駆逐!系ダークファンタジー!!

マーベルシリーズの映画を一通り見終えたのでようやくラノベ界に戻ってきました。マーベルシリーズ、製作者サイドの作品への愛を深く感じられて本当に良かった。なんであれ、作品に対する愛は重要であると思った訳です。

近況はここまでにして感想を。
いわゆる「人間の屑」を殺し続ける殺人鬼ジョーカーと彼を捕らえようとしていた特殊部隊員の結奈。特殊部隊の非道な作戦によって死亡した二人は、とある悪魔の願いによって異世界に転生される。そこは人を人とも思わない差別のもと、殺戮が繰り返される世界。ジョーカーはそんな世界で悲劇に見舞われた少年の復讐を叶えるべく、行動を開始する。

全くあらすじを読んでいなかったのでかなりの不意打ちでした。こんなにダークな作品なの?と思ったけれど、作者が赤月カケヤ氏なら納得。こういう容赦ない作品を待っておりました。賛否ある内容ではあるが、僕はどっぷり世界観にのめり込んで読めた。

まあ酷い世界ですよ。人間の屑の描き方が上手いし、そして良い奴も普通の奴も悪い奴も、均等に酷い目に合わせていくのがある種容赦がない。普通ならここで誰か割り込んで助かるのかな、という思わせるシーンもそうはならない。もう世界観もジョーカーも、この容赦なさがいっそ気持ちが良い。この作品の癒しである結奈にとっては酷な世界ではある。このまま容赦ない打ち切りから逃げ切って続きが出て欲しいと願います。

「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?9 君の世界」感想

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?9 君の世界 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
激化する“白の墓所”での決戦。大始祖イフの撃破によって蛮神族を解放するなかで、遂にリンネの復活が実現した。残る3種族の解放のために墓所の奥に進むカイ達だが、それをあざ笑うように、世界の改変を目論むアスラソラカが立ちはだかる。この世界から見捨てられた「世界種」の復讐を誓う彼女を、カイは止めることができるのか。そして「この先の歴史」でリンネが存在できないことを知ってしまったカイが、最後に選ぶ未来の姿は正史か、別史か、それとも―ファンタジー超大作、クライマックス!

最近はマーベルシリーズの映画、「アベンジャーズ」の物語を公開順に観続ける毎日を送っています。そうです、そのせいでブログの更新が滞っているのです。トニー・スタークよりもキャプテン・アメリカが好き。

さて感想です。正直、最終巻じゃないと思って読んでいたのでちょっと驚いた。あとがきを読むに完結、と言っていいのか悩ましいところだけど。

綺麗にまとめたな、というのが印象。シリーズ序盤ほどの絶望感がここまでくるとほぼみんな仲間なのでいつの間にかなくなってた。それが、どうなんだろう、良いと思う人も悪いと思う人もいそうな感じはする。新シリーズが始まるようなのだけど、似た路線ではなく異なる物語を読みたいなあ、と。

「いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました 2」感想

いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました 2 (HJ NOVELS)

〈あらすじ〉
今日も自宅と異世界を行き来して、楽しく行商生活を送る尼田士郎。新任の美人ギルドマスターの情報でレアな薬草を探しに出た士郎は、森でモンスターに襲われ仲間とはぐれてしまう。そんな士郎を助けたのは、伝説の種族と呼ばれていた妖精族のパティだった。異世界のお酒がまずいと前から感じていた士郎は、パティだけが作れる伝説の妖精酒で異世界のお酒を一気においしくしようと考えるが、彼の前に町一番の酒好きなドワーフが立ちはだかって―!?コミカライズもスタートしたハッピー異世界スローライフ、大幅加筆の第2巻!!

刊行ペースが早いように思えるのは元がWEB小説だからですかね。電子書籍だと折角の単行本がモッタイナイ感じがしたので実本で購入しました。現状、単行本サイズの作品を買うかどうかはイラスト重視となっております。

今回売る商品は「お酒」です。僕はあまりお酒を飲む方じゃないし、美味しいと思えるお酒自体が少ないのだけど、この世界のお酒を飲んだら粗悪すぎて即倒れそう。もう酔うために飲む、みたいな。そんな世界のお酒事情の中でシロウが持ち込んだお酒たちを飲んでしまったら麻薬みたいなもんだよね。もう前のお酒なんか飲めたもんじゃない。これに関しては食べ物もそうだろうけど。

ヤク漬け(違う)にした後、お金の回収は容易ですな(下衆顔)しかしこう素晴らしい物を持ち込んでくるとなるとシロウの身柄が心配になる。前回も書いた気がするが。まあこのほんわかした世界観でそれは心配しすぎかな(笑)

「ラグナロク:Re 4.悪辣たる異端」感想

ラグナロク:Re 4.悪辣たる異端 (オーバーラップ文庫)

〈あらすじ〉
「“変異"したあたしたちを、人々は“闇の種族"と呼んだんだよ」
カイル、アーネストとともに“闇の種族"が集結する王都ソフィアへと帰還した我が相棒のもとにシュタール、そしてアングルボザが現れた。そして老婆は語る。 “闇の種族"の目的は、王都の地下に眠る航宙船に乗り、生まれ故郷――地球へ帰ること。 “闇の種族"の起源は、ただの地球の人間であることを――。 だが、それが事実であろうとなかろうと関係ない。私はラグナロク。リロイが握りしめる剣であり、“闇の種族"を滅ぼすための兵器、なのだから。 時代を超えて再構築された、バトルファンジーの金字塔。第4幕。

( °д°)

(  д) ゚ ゚

いやマジであらすじを読んだ瞬間、上の顔文字みたいになりそうだった。スニーカー文庫版の「ラグナロク」を愛読してきた身としては、あまりの情報に五度見くらいしたわい。しかもこの情報が出るの、この巻のほぼ終盤だし。もうどうなってるの(疲労)

「闇の種族」の目的が分かる本巻。これまでの読んできた旧版「ラグナロク」の情報も吹っ飛ぶ事実が判明、「闇の種族」は地球人が変異した姿だという……。これは元々考えていた設定なのか、再構築した際の新たな設定なのか。だいぶまろやかな性格になった(ように思える)キルシェとオルディエのコンビの方でもキルシェが過去の文明の時代の実験体であることが分かって、どんだけ情報詰め込んでくるんだよ、と。

あらすじに「隠すようなことでもない」的なことを書いてあったけど、旧版組としてはもっと大事に情報公開して欲しかった感じも。まあ永遠に分からないままよりは良いか(笑)

「異世界転移、地雷付き。」感想

異世界転移、地雷付き。 (ドラゴンノベルス)

〈あらすじ〉
チートのない異世界で、知恵と工夫の開拓記―チートはないが地雷スキルがある異世界に送られた学生たち。その中でナオ、トーヤ、ハルカの幼馴染3人組は、リアル中世風味のシビアな異世界生活を安定させ、安住の地を作るべく行動を開始する。お互いに協力して、モンスター退治に採取クエスト―英雄なんて目指さない!現実的で集団だからこそ強くなれる、等身大のスローライフが今、始まる!

次は何を読むかなあ、とBOOK☆WALKER読み放題をみてあらすじが気になったの読みました。単行本サイズの作品から選んでいくの、何だか食べ放題の際に高そうな料理から食べていく感じがしてアレ(笑)

修学旅行中のバス事故でクラスメート全員が異世界に転生。ゲームのキャラメイクと一緒、ステータスやスキルにポイントを振って、新しい人生をスタートする。幼なじみのナオ、ハルカ、トーヤは三人でパーティーを組み、新米冒険者となるが、命の危機に陥るような「冒険」はせず、堅実な人生を歩んでいく。

最初のキャラメイクで「ゲームなら」一点特化したスキルやステータスでも良いけど、それが本物の人生だとすると安全に行きたいようねえ。僕はそうする。初めのスキル選択で、非常に便利に思える能力のものは実は制約・副作用があって地雷、というのはほんと怖いわ。タイトルの意味はこれかい。ワンチャン知らなければ取っちゃいそう。

幼なじみ三人組はハルカの奥深い考えもあり、とにかく危険な状況には身を置かないようにする計画のもと進んでいくのだけど、あらすじにあるような「スローライフ」ではないような。圧倒的なチカラみたいなのがないので、命を落とす危険は常にある中で、なるべき死なないような冒険者の依頼をこなしていく感じ。ワンチャン死ねるのでスローライフとは違うよね。ある意味ではスローな冒険(人生)ではあるけど。

一点気になったのは転生した少年少女たちなのに今までの人生のこと(主に家族のこと)を思い返すシーンがほぼないこと。親のこととか気にならないのか。まあいいっちゃいいんですが(笑)

「JKからやり直すシルバープラン2」感想

JKからやり直すシルバープラン2 (ヴァルキリーコミックス)

〈あらすじ〉
最低だった自分を変えるために頑張る、 今一番応援したいヒロイン!! 女子高生時代にタイムリープした 元傲慢お嬢様・二ノ宮小百合。 内気で写真好きな少年、 尾上慎二という 初めてのお友達もできた 彼女にふりかかる次の試練は……。 なんと留年回避!?
定期テストで轟沈し 追い詰められた小百合は、 追試に合格するため 学年一の才女、 柏村真紀に勉強を教えて欲しいと 頼みにいくのだが……。

ラノベはともかく漫画の発売スケジュールは全く分からないので2巻が出てるの気付かなかった。Twitterの情報頼りなので、皆様よろしくお願い申し上げます。(何が?)

はい、お嬢様人生やり直し物語。初めてのお友達を作り、次は留年回避のため、壊滅的な成績を上げることに。そりゃあ裏口入学ですもんね。そこで白羽の矢が立ったのが学年一の成績優秀者である柏村ちゃん。勉強を見てくれる見返りに彼女の家(弁当屋)でバイトをすることになるのだが、柏村家は父親のせいで借金まみれ。このままでは一家崩壊、のところをお嬢様が救います。

お嬢様の情熱凄まじい。元よりズレたところがあったので柏村に拒絶されても突き進み、結果、先生になって貰えた。周りの評価はそうなんだろうか、柏村の言う通り1〜2年生の時の傲慢な姿を見ているから勘繰ってるよねえ。ちゃんと付き合ってみないと彼女が「変わった」ことに気づかないのでは。そういう意味ではハードなスタートだけど、本人はそれを喜んでるというか、ハードモードなのを気にしてないか。

やり直しらしく自分と柏村の父親の姿を重ねたり、まあ将来的に「売れる」線の弁当を開発して広告したり。そもそもの基礎能力高えな。この感じで仲間を増やしていって欲しい。