飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「あくまでも、妹が欲しいんです。」感想

あくまでも、妹が欲しいんです。 (一迅社文庫)

あくまでも、妹が欲しいんです。 (一迅社文庫)


美少女文庫ではお馴染みの『水無瀬さんご×犬洞あん』のコンビが贈る妹モノラブコメ。
一迅社文庫なので成年向けのエロじゃないです。でもこれもまた良い!

無類の妹好きではあるものの、本物の妹はいない主人公・二宮シンヤ。妹が好きなあまり「妹モノのイラスト」を描いて仕事になるまでになったシンヤの元にやってきたのはリリンと名乗る悪魔であった。リリンは悲しみを糧にする悪魔であるが、世の中が悲しみばかりになると人間が滅び、やがては悪魔も滅びてしまうことから、悲しみと同じ量の「幸せ」を人間に与えて均衡を取っているのだと言う。リリンがシンヤの幸せな願い…「理想の妹が欲しい」という願いを叶えてしまったことから、突如現れた二人の妹との幸せなドタバタ生活が始まる。

これはまた主人公が良い具合に変態さんですね。周囲に妹好きを言って憚らず、周囲も彼の妹好き…いや妹狂いを認めるほどの変態主人公。そんな彼が願いを叶えてくれる悪魔リリンに望むのは当然『妹』な訳ですが、設定資料付きな上に、一人では満足できずに二人もとは。欲張りにもほどがある!けど、妹の属性の付け方にはセンスを感じる。やるなシンヤくん。ツンデレ妹カインに、おっとり妹レインのバランスは最高ですな。ついで扱いでリリンも妹にされていますが、僕はリリンみたいな娘も大好きです。妹との幸せライフが続く物語で終わるのかと思いきや、幼なじみのしおりの発言をキッカケに『妹』とされている二人の素性を知り、彼女等を思い願いを解除と、意外にもシリアスな流れに。しかしコメディ要素の強い作品がシリアスのまま終わるはずもなく、最後には再び妹ライフを手に入れるシンヤ。良く考えてみれば元々幼なじみ娘がいてだいぶハッピーな奴なのに、妹ラブなせいで自覚ないとは許せんですね(笑)まあ幼なじみになびいたら話が終わってしまうけど。

これでシンヤとカイン、レインは晴れて本当の兄妹になったので、続きが出てまた変態っぷりを見せてくれると非常に嬉しい。