飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 6」感想

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 6 (HJ文庫)

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 6 (HJ文庫)

〈あらすじ〉
毎日海で寝起きしているというリアに、ちゃんとお金を稼いで家に住めるよう、バイトをすすめる烈火。
人間界の常識に疎いリアを、烈火はきちんとサポートできるのか――!?
そんなリアとのラブコメ話に加え、綺麗な先輩に部活に誘われる話、生徒会長と幽霊を捕まえる話、響とデートをする話など、ヒロインたちとの日常シーンが満載の1冊!

怒涛の勢いで話が展開される『リトル黙示録』は好きだけど、そろそろ烈火とヒロインたちの日常も読みたいと思っていたのでこれは嬉しい。しかし日常とはいっても、そこは烈火基準。波乱がないなんてあり得ない!

今までスポットの当たらなかった学校を舞台の中心にしているのも新鮮。不思議ちゃんの常盤先輩や桃音会長の波乱に巻き込まれるものの、いつもの命がけの戦いに比べれば烈火にとっては確かに日常レベルです。この二人にもしっかりフラグを建てたにも関わらず、烈火の鈍感力が遺憾無く発揮されて、また一歩バッドエンドに近づいた、と(笑)

そんな新ヒロインたちの他に、ラブコメ成分多めの話の中心に指名されたのがリアと響。烈火と似た因果を持つ響はともかく、リア中心の話があったのは意外。常識離れした存在であるリアのアルバイト生活はギャップもあって面白かったが。

そして響回はなんと烈火とデート!
恋愛ごとに疎い響が、あーだこーだそれらしい理由をつけて烈火をデートに誘う頑張りよう。響、乙女してますね…。
いやあ美味しく読ませて頂きました。ほんと、ありがとうございます。

烈火と同居している役得か。話の移り変わる短編形式でありながら出番の多かったアールとハリッサ。常にくっついて回っているアールのヒロイン評は的を得ている。
ヒロイン戦争で頭一つ抜け出しているはずの皐月だが、今回は他のヒロインが烈火とベタベタしているのを見ては嫉妬する役割に回っていて不憫な気がする(笑)