飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「黒鋼の魔紋修復士7」感想

黒鋼の魔紋修復士7 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
昏睡状態のヴァレリアを逃がすことには成功したものの、敵の手に落ちてしまったディー。彼を連れ出したギャラリナは、それぞれの魔紋、そして神話について、不可思議な議論を求めてくる。一方、街道が封鎖されたことにより混乱に気づいたアーマッド首脳陣は、ガリード卿率いる軍の出陣に加え、ロマリックの魔法士に対抗するためカリンの同道を決定する。"辺境伯"の野心が暴かれた敵地で、ヴァレリアとディーを待つ命運とは――!? 絶体絶命の第7巻!

気付くと新刊が発売されているこのシリーズ。僕みたいにバカがつくほどラノベを読んでる人間からすると、このくらいのペースで続きを読ませて頂かないと内容を忘れてしまうのよねえ。『彼女は戦争妖精』の時もそうだったけど、嬉野さんの安定した刊行ペースから、物語の先を見据えているのが伝わってきて心から「素晴らしい!」と賞賛できる。

「ディミタールさえいれば何とかなる」という心の何処かで抱いていた想いが否定される事件…だったはずだが、まあ蓋を開け切ってみればやっぱりディミタールは頼りになる男だ、と思い直すことになる今回のお話。ヴァレリアの成長を楽しみながらも、このままやられっぱなしのディミタールを見ているのは苦しい。気持ちが良いほど下衆な敵ファティフに良いようにされて腹が立っていた読者の苛立ちを、しっかりディミタールが吹き飛ばしてくれた。それでこそディミタールです。あとヴァレリアと主席争いしていたとは思えないほど有能なカリン様に惚れそう。ヴァレリアとカリン、なぜ差がついたのか(以下略)

ファティフを打ち倒し懸念のひとつを振り払ったが、大局から考えると些事に過ぎない出来事のようだ。本命のギャラリナの探究は一体何を目的としているのか…思考が追いつかないほど、大きな何かを見ているような気がして、どうにも恐ろしい。エレナは小物臭凄いので、とりあえず放っておいても大丈夫そうだが(酷い)