飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「あやかしマニアックス! 5」感想

あやかしマニアックス! 5 (GA文庫)

あやかしマニアックス! 5 (GA文庫)

〈あらすじ〉
で、和樹は結局どちらを選ぶの?
「舞台は上々、観客も十分。賽の目は運命の女神に任せよう。黒い戦歌の奏者よ、君は共に歌ってくれるのか、それとも――」
漆黒の闇の中に浮かんだ怪しい影はそう呟いてまた虚空に溶けた……。
「ぶらなか様?」
「そう。なんでも願いを叶えてくれるっていう新手の都市伝説よ」
ぶらなか様の正体を探っていく和樹たちは意外な事実に直面する。そして彼の胸にある想いが去来する。
(人間と妖怪の恋、か……)
幾度となく繰り返した問いを、和樹は再び噛み締めるのだった……。
そんな中、ターボ婆ちゃんはついに超神婆【オーバー・ゴッド・ババア】に進化を遂……って、ええ!? この別嬪さんはいったい誰なのー!?

表紙の全員集合を見て「もしかして…」と思ったら、やっぱりこれにて完結なんですね。
変態ラブコメ大変楽しませて頂きました。

最終巻ということもあり、しんみりした空気でお送り…などということはなく、今回も通常営業。しかし今回は妖怪よりも人間の方がとんでもない変態野郎が多くて、同じ人類として軽く絶望します(笑)
実妹・亜璃紗を想う気持ち。駄目だ駄目だと思いながらも、自分の中で膨らんでいく恋心を押さえるのが必死な和樹とは正反対に、この障害を楽しんでいる亜璃紗との温度差がこう、何というか考え込んでいる和樹がバカみたいに見えてくるような。自分と同じ兄妹間の愛情に悩む綾取は随分と欲望に任せた行動に移ったので、和樹も見習えばいいと思います…いや駄目だろ。

和樹と亜璃紗。接近する二人にようやく待ったをかけたのがヒカリ。頑張れ俺達の幼なじみっ娘と思わず応援してしまったが、吹っ切れたヒカリはもう子作りをせがむとか立派な変態娘さんでしたわ。だがそれが良い。亜璃紗の勝ち逃げで終わると思っていただけにヒカリの告白は面白かったけれど、結局和樹が二人の内どちらかを選ばずエンディングを迎えたのは残念。高校卒業までにどちらかに決める、らしいがそれは読者の妄想で補うと…むぅ、それはかなり狡い逃げ方だなあ。このまま妄想するとどう考えてもメリーさん大勝利なんだけど!!