飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) 」感想

“六条

〈あらすじ〉
帆夏と葵の告白に返事ができないまま、夕雨と再会した是光。「わたし、笑い上戸になれた、かな?」朗らかな夕雨にドキドキしつつも、揺らぐ自分の心に戸惑うことに。そんな時、学園にまたもや不穏なメールが飛び交いはじめる。『ヒカルの君を巡る女たちは、赤城是光が虞美人の名のもとに断罪する』――。メールを気にするあまり、ぎくしゃくし、すれ違っていく是光たち。それを嗤うメールの送り主の、真の標的とは……!? 大人気学園ロマンス、第9巻!!

なんていうか、この物語をひとつひとつ分けて考えると是光は最高に格好良い男なんだけど、シリーズを通して考えると、誰も彼も救いすぎて守り過ぎて、意図せず修羅場を作り出す駄目な男に見える。

今回、式部と葵の告白、夕雨の再登場によって引き起こされたのは、そういった是光の行動が積み重なった末の問題。こういう風に書くと「是光が悪い」ように見えてくるのだが、うん、ひとりひとりの女性に明確な答えを示してこなかった是光はやっぱり悪いですわ(笑)
それを楽しんでた自分もいますが!

なので是光がひとつの答えを提示したのは大きな出来事であり、不意をつかれた想いもある。このままいつも通り「やっぱアレなかったことにして!」というのは流石になさそうだから、安心して最終巻に進めそうです。キャラクターたちの心中は穏やかではないだろうけど。