読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「理想のヒモ生活 7」感想

理想のヒモ生活 7 (ヒーロー文庫)

〈あらすじ〉
結婚式に出席するため、ガジール辺境伯領へとやってきた善治郎とフレア姫。そこで待っていたのは、ガジール辺境伯家次女と名乗る少女ニルダだった。アウラからの事前情報では、ガジール辺境伯家の娘はルシンダ一人のはず。警戒感を抱く善治郎。その数日後に問題が発生する。ナバラ王国使節団の騎士ライムンドが、誤って立ち入り禁止区域に足を踏み入れてしまう。その一件をきっかけに事はは次第に大きくなっていく。事態の悪化を回避するために、善治郎が奮闘。問題解決の策をフレア姫に要請する。そのことで心理的な距離が近づいたフレア姫は、善治郎に対するほのかな恋心を自覚するのだが―――! ?

『理想のヒモ生活』に求めているのは政治的な駆け引きを見たいというところなので、序盤のようなバトル(?)を長々読むのはキツイです。
あ、僕の願望なんてどうでもいいですね。知ってます!

後半からの駆け引きは面白かったな。
しかし小さなことがここまで大事になって今更引き下がれなくなった騎士ライムンドくんが哀れだった。まあ自業自得ではあるけど。それと、この世界での女性の地位の低さを改めて感じる。
で、思うのはフレア姫のこと。行動力があって頭も良い、なにより美人!(ここが大きい)……ちと腹黒いところがあるけど、これはもう側室入りで良いのでは。(笑)
ここまでのアウラとの夫婦関係を考えると、結ばれるにしても長い話になりそうだなあ。個人的にはフレア姫は大好きなので面白い方向……幸せな方向に進んで欲しい。