飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔法科高校の劣等生 1 入学編 上」感想

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)


ある欠陥を抱える劣等生の兄。全てが完全無欠な優等生の妹。
二人の兄妹魔法科高校に入学した時から、波乱の日々の幕が開いた――。

魔法が技能として確立された未来。優秀な魔法技能士を目指し魔法科高校に入学した仲の良い兄妹は、しかし魔法の『才能』の違いから劣等生と優等生に分類されてしまう。
入学試験で筆記試験をほぼ完璧にこなしたものの、肝心の魔法実技がからっきしだったため劣等生のレッテルを張られた主人公である兄・達也と、魔法の才に恵まれ主席入学を果たした優秀な妹の深雪。血の繋がった兄妹なのに恋人同士のように見える二人の関係が、この作品のキモになるのだろう。
お互いにコンプレックスを抱き合う兄妹を中心に、物語の幕が上がる。
達也、深雪だけでなく、達也のクラスメートであるレオ、エリカ、美月や生徒会メンバーなどの魅力的なキャラクターが次々登場し、物語を賑やかにしていく。特に生徒会長の真由美は可憐な容姿からは想像できない腹グロさが見え隠れして、今後達也達を振り回す予感がひしひしと。生徒会副会長の服部に関しては、上から目線がイラッと来たが、その後直ぐに達也の当て馬にされて可哀想な感情が上回る。はんぞー哀れなり。
現代の『魔法使い』は杖の代わりに『CAD』と呼ばれる魔法を効率的に行使するためのデバイスを使うのだが、このCADを始めとした魔法に関する設定も多く、覚えるのに一苦労…ということはなく、物語が進む事にひとつひとつ丁寧に読者へ伝えていくため、苦もなくこの魔法世界に溶け込めた。
まだまだ物語は始まったばかり。
兄妹の過去と因縁、今後増えて行くであろうキャラクター達に期待が膨らむ。

余談ですが、書籍化されるWEB小説に外れがない。目の肥えたユーザーに読み込まれている物語が本になっているのだから、当然と言えば当然なのかな、と。