読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「奇械仕掛けのブラッドハウンド」感想

奇械仕掛けのブラッドハウンド (ガガガ文庫 つ 3-1)

〈あらすじ〉
猟奇殺人が起こる街。一家を襲った悲劇。そして数奇なる運命の車輪は回り始めた……。街を襲う潰殺事件。街の片隅で探偵稼業を営む芥宗佑は潰殺魔に家族を殺された後輩・栂貴織をかくまうことになった。貴織に依頼された人捜しを進めるなか、宗佑は蠢く「指」の因縁に絡め取られていく。息の合わない相棒・神楽ヰ音耶との調査が難航しつつも、宗佑は事件の真相に辿り着くが……。かくして、銀の鉄槌は下り、紅き執行者が断罪を司る。繰り広げられるは「指」に魅入られた愚者達の輪舞曲――。第8回小学館ライトノベル大賞ガガガ大賞受賞作!!

引き続き第8回小学館ライトノベル大賞…ガガガ文庫新人賞作品の感想をお送りします。前日の『血潮の色に咲く花を』同様、大賞作品にもタイトルに「血の文字」が踊っているのですが、ガガガ文庫さんこれで宜しいのでしょうか? カテエラ上等? だと思いました!

始まりはある家族が「潰され」死体で発見された事件だった。それから同じ異常な手口で人が潰される猟奇殺人が発生する。そんな連続殺人が起こっている街で探偵業を営む高校生・芥宗佑は、同じ高校の後輩の依頼を受け人探しを始める。その依頼主こそ、猟奇殺人の始まりとなった被害者たち家族の唯一の生き残りであり、行方不明となっていた栂貴織であった。何かを隠している貴織。この事件には宗佑とも因縁ある「指」…異常な人格と力を与える「指」の存在が見え隠れしている。人探しをする最中、宗佑は潰殺事件の犯人に襲われるのだが、その窮地を救ったのは「指」の力を行使する相棒、神楽ヰ音耶であった。

人ではあり得ない力を与えると共に、装着者の人格を侵す「指」…義指のような見た目であるが、欠損した指につけるとまるで本物の指のようにくっ付き、力を振るうことができる、というのがこの物語の面白い設定にして見所である。しかし指というギミックが何とも地味な気がするのは僕だけだろうか?

二次元以外の女性に興味はない、と言い放つちょっと可哀想な美少年探偵・芥宗佑。「指」を巡る怪事件を追う彼には相棒がいる。神楽ヰ音耶。彼女もまた「指」の力を使う、ある種の異常者である。「指」の力を使う殺人犯を「殺して」解決しようとする音耶、そういう解決方法を望まない宗佑の間で意見が対立する。相棒なのに相棒らしくない、噛み合わない二人であるが、この二人がコンビを組んでいる理由は終盤に明かされるのだが、この物語、シリーズモノの予定らしく、理由は明かされるものの「何故そうなったのか?」それに至るまでの過程は具体的に説明されない。その事件だけでも一冊書けそうだ。

宗佑の考え方に共感できなかったり、結構伏線を貼っていてシリーズを通じて解決しようというのか、そもそも「指」って何という根本的な話に触れてなかったりと、読者を置いてけぼりにしているところはある。それでもひとつの物語は解決しているので楽しく読むことはできた。