読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」感想

ライトノベル 電撃文庫

独創短編シリーズ 野崎まど劇場 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
「電撃文庫MAGAZINE」で好評連載中のユニークすぎる短編が文庫化。死体を探しに行く検死官、対局にペットを連れてくるプロ棋士、勇者を何とかしたい魔王、若頭、サンダーファルコン、ビームサーベル、ライオン、うげげげと喋る牛、電撃文庫の妖精等、変態的(?)な登場人物たちが繰り広げる抱腹絶倒の物語の数々。

『野崎まど劇場』……ついに……ついに読んじまったよ……読んじまったよ……!
いや、何かマズイ訳ではないんだけどね。こータイムラインで「読め読め」言われると天邪鬼的には敢えて読まない選択を取るじゃないですか。そんな感じで読むのを避けていたのですが、ふとしたことをキッカケに家庭内でオススメされ、ついに折れて読んでしまった、と。歴戦のラノベ読み、ここに膝を屈したのでした。

先入観はありました。まあ「普通」の話ではないんだろうなあ、という。しかし予想していたよりも変なお話でした。そう、一言でいうならば……

アホの天才ですか、この方は?(笑)

やー笑った笑った。短いアホな話がこうもポンポン出てくるとは。特に図付きの話はもろにツボにハマって吹き出しました。「魔王」の話とか、もうアホかと。発想が斜め上の更に上に言っていて、良くこんなアホなことを考えられると感心しっ放し。帯の竹宮ゆゆこ先生の言うとおり「ズル」くて「面白い」作品でした。これは中毒になるのわかるわ。(笑)