読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ラン・オーバー」感想

ライトノベル 新作 講談社ラノベ文庫/講談社BOX

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

〈あらすじ〉
いじめが横行するクラスで日常を送る伊園は傍観者を貫いていた。だが湊里香が転校してきてから、すべては一変する。いじめのターゲットにされても動じない彼女はあるとき伊園を呼び出した。湊にある秘密を知られた伊園は、流されるまま彼女との同棲生活をスタートさせる。彼女の目的は一体何なのかと困惑する伊園に湊はあることを提案する。それはいじめのリーダーカップルに反撃すること。はじめは気乗りしなかった伊園も、次第に湊の意見に賛同するように。いじめのターゲットの原を巻き込み、三人の過激な反乱が始まる。だが、湊が求めていたのは、いじめを止めさせることなどではなかった…。第4回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。

イラストレーターさんが気になり購入。発売されてから読むまで時間が空いたため、いろいろ情報が入ってきて、なるほど、胸クソな感じなんですね。期待値上がってきましたよ!

イジメが日常化するクラスの中で、我関せずと周囲と関わりを持とうとしない高校生・伊園の生活は、転校生・湊里香の存在によって劇的に変化する。新たなイジメのターゲットとなった里香であったが、イジメを仕掛けてきた相手を撃退、それだけでは終わらず、伊園の弱味を握ると、イジメのリーダー格を追い落とそうと提案してくる。その誘いに乗ることになった伊園は、里香と奇妙な同居生活を始めるのだった……。

調子に乗っているイジメっ子たちをイジメ返す内容、と単純に言って良いのか。イジメを実行している側を擁護しようがないので、頭の回転の早い伊園・里香コンビは「そこまでやっていいのか?」かと不安になるレベルまで叩いて叩いて叩きまくる。そこに慈悲はない。伊園も里香も、何か具体的な恨みがある訳ではなく、ハッキリとしない「なんとなく」という曖昧な感情で動いているのが凄い。

イジメ。見ていて、いや、この場合は「読んでいて」楽しいシーンではない。イジメられる側の鬱屈とした内容が結構なウェイトを占めていたら読むの辛いなあ、と思っていたのだけど、それほど長くなく伊園・里香の蹂躙ターンに突入していくため、非常に読みやすかった。

しかしどうなんだろう……伊園と里香の徹底した行動力と結果を見て「胸がスカッとする!」かと言えばそうではなく、この二人が抱える闇、特に里香の心が何処にあるのか、まるで見えないことに不安になる。また二人に関わり大きくクラスでのポジションを変えるイジメられっ子の原の仕返しは純粋な恨みが背景にあって本当におっかない。

伊園と里香。二人の狂気と青春にクラスが、高校全体が巻き込まれて大いに振り回された。終わってみるとそんな感想を持ちました。おまえら、迷惑なカップルだな!