読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) 」感想

ライトノベル 電撃文庫

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
ようやく反乱分子の掃討を終え、国内を掌握したかに見えた女帝シャミーユ。しかしアルデラ教徒に不穏な動きがあることを知り、その真相を探るべく、信頼厚いマシューとサザルーフに、ある任務を命じるのだった。一方、捕虜としてカトヴァーナ帝国北域辺境で開拓労働に従事させられているエルルファイ少将やグレーキらキオカ海軍兵士たちも、決起のときを静かに待っていた。そして長い眠りから醒めたパトレンシーナは、ハロの顔を巧みに使いながら、いよいよ暗躍を始める……。
再びカトヴァーナ帝国に大きな騒乱が起きようとしていた。その中で、物言わぬイクタは果たして――!?

アニメのキービジュアルを見ましたが……そうだね、動くとカッコイイかもね! そういう作品は結構あるから僕は最後まで信じるよ!(震え声)

なんだろう、この不安がのしかかる緊張感は。イクタ不在の状況で、ひとり奮闘するマシュー。マシューがいかに有能でも真の天才ジャンに敵うはずもなく。またもうひとつの人格が牙を剥いたハロの暗躍は、マシューのみならず帝国の首をじわじわと締め上げていく。悪い状況しかない。これが不安の根源。

しかしハロ。これまでの積み重ねがあるからハロを「疑う」にはシャミーユもマシューも彼女と行動を共にしすぎた。心を通わせすぎた。またその交流がハロにとっては偽りではないことがまた真実に辿り着きにくい要因になっているのが辛い。パトレンシーナ、恐ろしい子。回想シーンの惨劇は凄まじい緊張感だった。

このどうしようもない事態をひっくり返せるのはこの男しかいない。イクタ。復活の時……目を覚ます時だ。早くしないとヤトリに呆れらるぞ。さあ、シャミーユを、仲間を、この危機から救い出してみろ!