飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「月とライカと吸血姫 2」感想

月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフは、実験体の吸血鬼イリナを監視する任務から解かれ、晴れて宇宙飛行士候補生に復帰。「人類史上初の宇宙飛行士」の座をかけた選抜試験に挑み、ライバル達と鎬を削る。一方、イリナに不穏な空気が忍び寄る。「実験体は用済みだろう。廃棄処分を」。昼と夜、すれ違うふたりの運命は。―宇宙開発の黎明期であり、最前線。様々な思惑に翻弄されながらも、命懸けで遙か宇宙を志すふたりがいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティ第二幕。

どうやら世間的には3巻の発売日のようでした。これは2巻の感想になりますのでお間違えのないようにお願いします。うん、紛らわしい。

正直、イリナが宇宙に行ってしまっているので「これから何をやるのだろう?」と少し疑問ではあったけど。今度はレフくんの番という。

レフがライバルたちを破り、ついに宇宙飛行士へ。しかし宇宙に対する純粋な想いがどんなに強くあっても。政治的な、しかも国家レベルの謀が付き纏う。イリナもその陰謀の中で命を狙われていて、助け出す意志を持つのはレフただ一人の状況。レフはただの傀儡としての英雄でいることを拒み、イリナのため真実を口に出す姿はまさに男ですわ。同時に良い意味でバカな人だとも思う。

人類で初めて宇宙にいった人。それが嘘だということはレフは分かっていて、その嘘とこの一冊を通して悩み戦った。結果、好転したのはレフの情熱が他人を突き動かしたからか、それともその結果もまた陰謀に過ぎないのか

レフとイリナ。一緒に月に行きたいという新たな願いを掲げ、次なる展開へ。放置気味だった連合王国側も動き出して楽しみな流れだ。