飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「りゅうおうのおしごと! 9」感想

りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)

〈あらすじ〉
夜叉神天衣。
わずか十歳にしてタイトル挑戦を決めたシンデレラは、両親の墓の前で誓いを立てていた。
「お父さま、お母さま。必ず女王のタイトルを手に入れます……私たちの夢を」
しかし彼女の前に立ちはだかるのは、史上最強の女性棋士にして師匠の姉弟子――空銀子。二人が争うのは女王のタイトルだけなのか、それとも……?
《浪速の白雪姫》と《神戸のシンデレラ》が遂に激突!
アニメ化も果たしますます過熱する盤上のお伽話、家族の絆と感動の第9巻! シンデレラの頬を伝う一筋の涙を、若き竜王の飛車が拭い去る――!!

3ヶ月更新が滞ったと思ったら、二日連続更新します。余裕のある時に出来るだけ更新しとかないと。(次男5ヶ月の泣き声を聞きながら)

あいちゃんよりも天衣派の僕です。だってあいちゃん怖いんですもん……(ガクブル
銀子に挑戦する天衣。八一と出会った時点で完成されていて、いつも強気でいた天衣が、銀子という壁にぶつかり悩み葛藤する回。あいとは違って成長を描きにくいキャラクターだっただけに、この葛藤劇の中で「心の成長」を丁寧に示せて胸が熱くなる。あとこの熱量。「愛」を知った天衣の強さよ。ハ一は人たらしっぷりは相変わらずだなあ。

天衣の視点からは銀子は「化物」のように描写されていたけれど、それは女流としては、であって銀子は銀子で「将棋星人」という「化物」に怯えているという地獄……深い、恐ろしいまでに深い世界なんだ。それを読者側は知ってるので、この先少女たちにどれだけの壁が立ちはだかるのか。上を目指すのであれば、銀子だけを打ち破れば良い訳ではないし。

もうこの作品も9巻になるのね。そんな気がしないほど熱量に背中を押されて読んでました。