読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「落日悲歌―アルスラーン戦記〈3〉」感想

落日悲歌―アルスラーン戦記〈3〉 (光文社文庫)

〈あらすじ〉
ペシャワール城塞に入城したパルス王太子アルスラーンの元に、シンドゥラ軍襲来の報が届く。王子ラジェンドラ率いる大軍は五万。対する軍師ナルサスは、巧みな計略を用い、たった五百の騎兵で王子を捕虜にしてしまう。王子と同盟を結んだアルスラーンは、シンドゥラのもう一人の王子ガーデーヴィとの対決へと向かうが……。
超絶人気シリーズ第三弾!

さて『アルスラーン戦記』3巻になります。ちなみに今のところアニメ・漫画は見ていない/読んでいないので、荒川弘版のキャラクターのビジュアルは分かりません。表紙を見ながら「今回はナルサスかな?」とか思ってます。

背後から敵に討たれないための地盤固めの回。ラジェンドラ王子の分かりやすい人間っぷりを見ていると、アルスラーンが出来た王子だというのが良く分かりますね!最後はしっかりナルサスに行動を読まれていて、いや、ほんとクズい奴だなこいつは。しかし今回は蛇足……といったら変だけど、読んでいて熱が入らなかった。ただジャスワント加入は嬉しい。