読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「最果てのパラディンI 死者の街の少年」感想

ライトノベル 電撃文庫

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)

〈あらすじ〉
かつて滅びた死者の街。そこには1人の生きた子供が存在した。人生の落伍者となり、何もできずに死を迎えた記憶を持ち、無力感に苛まれる少年ウィル。そんな彼を育てるのは、3人のアンデッド。豪快な骸骨の剣士、ブラッド。淑やかな神官ミイラ、マリー。偏屈な魔法使いの幽霊、ガス。彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ、少年は育てられる。解き明かされてゆく、死者の街に秘められた、不死者たちの抱える謎。善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

ちょっと前まであんなに暑かったのに随分と涼しい毎日となりました。まあ雨続きということもあってお出かけもしにくいですが、そんな日には読書も良いかと……と、言っている僕が読めていないですね。(汗)

さてさて本作をオススメされた夏のラノベオフから1ヶ月以上が経過しているという。そりゃあ涼しくもなりますよ。話が逸れる前に感想に移ると……あらすじを読んだ瞬間、「あ。これは絶対面白い」と感じてはいたのだけど、まあ実際読むまでには背中を押して貰う必要があったという。表紙が硬派すぎるんだよっ!(悲鳴)

んで読みました。素直に面白かった。でも、これは良い意味でも悪い意味でも言わせて頂くと、「骨太すぎるだろ!」と。いやいや、これだけ壮大な物語が明けることは歓迎だけど、最後までやってくれるのかどうか不安になるほどの骨太な物語だった。登場キャラクター全員が濃厚すぎ。なんだよ、アンデットに育てらる少年ってオオカミ感覚かよ。

まあまさに物語の始まりなんです。これ、始めたからには終わらせる義務が出版社側(作家側とは言わない)にはあると僕は思うんですよね。でないとこれは罪ですよ。こんな素晴らしい物語を最後まで見せないことに対する、罪です。(プレッシャー)