飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「約束のネバーランド」感想

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

〈あらすじ〉
母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

このマンガがすごい!」の男の子部門1位らしいというので名前は知っていたのですが。ラノベに対する自分自信のアンテナも疑わしくなってる昨今、マンガについてはもうほとんどついていけない感じです。歳をとりました。嫁さんが購入したのだけど、買った本人よりも先に読んだという……。

孤児院で暮らす少年少女たち。ママと呼ばれる女性から愛情たっぷり育てられた子供たちは里親に引き取られるまで……孤児院にて幸せに暮らしていた。「孤児院の敷地から外に出てはいけない」「毎日特殊なテストを受けなければならない」というルールはおるものの、年長の少女・エマは同じ歳で特に仲の良いノーマンとレイと共に遵守し、テストでは優秀な成績をおさめていた。しかしある日、ルールを侵したエマとノーマンは見てしまう。里親に出されたばかりの妹分が殺されているところを。そして知る。孤児院の正体が、異形の「鬼」たちが食べる「人間飼育場」だったことを。愛しいママは子供たちが出荷されるまでを見守る管理者であることを……事実を知ったエマとノーマンはレイを仲間に加え、孤児院からの脱出を試みるのだが……。

あらすじ=設定は大好物なサバイバル系ですね、ということで既刊7巻まで一気に読みました。エマとノーマン、レイの子供とは思えない体力・知力と胆力をフルに活かし、ママことイザベラを裏をかこうと奔走する。しかし才能を発揮する子供たちを育てたイザベラは一枚も二枚上手で簡単には脱出を許さない緊迫した展開が描かれている。

鬼たちは何者なのか? 鬼に準じているイザベラのような人間は何を考えているのか? 脱出した先……外の世界はどうなっているのか?

気になる疑問がドンドン出てくる中、週刊連載だからか、思ったよりも展開のスピードが遅かったのはヤキモキ。20巻くらい出てから読むとスピード感が出て更に面白くなるのかも。キャラクターも多いので、各々の活躍の場はこれから増えて行くんだろうなあ、と。期待という意味ではこれからが楽しみな作品でした。それと女主人公なのも新鮮で良し。