読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「2013年下半期」オススメの新作ラノベまとめ

新年明けましておめでとうございます!

さて新年一発目のネタはタイトル通り、2013年下半期(7月〜12月)発売の新作ラノベの紹介です。
ちなみに『2013年上半期』のオススメ新作まとめは以下のリンクから。

「2013年上半期」オススメの新作ラノベまとめ - 飼い犬にかまれ続けて

それでは始めます。

『代償のギルタオン』集英社SD文庫 著:神高槍矢 イラスト:おぐち

代償のギルタオン (スーパーダッシュ文庫)

〈あらすじ〉
『代償』を支払うことで、特殊な力を発揮する巨大人型兵器ギルタオン。
世界は、この呪われた兵器によって、戦争への扉を開くことになった。
国の治安は悪化の一途をたどる。それは、主人公ライクの住むルトニザーノも例外ではなかった。
暗澹たる未来に嫌気がさしたライクたち兄妹は、もっと安全な土地に移住しようと、首都ランフェルドへと向かうことにした。希望を胸に、列車へと乗り込んだのだが、道中、何者かの攻撃を受け、立ち往生してしまう。
偶然、近くを移動中だったラーンハイム軍の戦艦ヘルヴィータに救助してもらえることになった。
しかし、艦は任務中であり、すぐにはランフェルドに向かってはくれなかった。
ヘルヴィータの任務は新型のギルタオンの回収。つきあわされることになるライクたち。
一方、敵国リオンザイルは攻撃を開始し、ギルタオンの奪取を目論む。
漁夫の利を狙うテロリストまでもが襲撃を始め、ヘルヴィータは窮地に――。
夢と希望に向かって走り出したはずの兄妹は『代償』を迫られる。愛する者を守るために――。

迫りくる現実という名の絶望から、少年は心の拠り所である「家族」を守り通すことができるのか?
冒頭から物語に呑み込まれる。
新人とは思えない緻密な構成のもと、心を鷲掴みにされるラストに向かって走り続ける。

『ストライプ・ザ・パンツァー』 MF文庫J 著:為三 イラスト:キムラダイスケ

ストライプ・ザ・パンツァー (MF文庫J)

〈あらすじ〉
姫川響子は交通事故で瀕死の状態になったところを、心優しい宇宙生命体のストライプに寄生されることで助けられる。心に直接話しかけてくるストライプに、響子は二週間前に家出した兄の礼二を探していたことを明かす。実は記憶喪失だというストライプと共に、響子は二人で互いの"探しもの"を見つけることを約束するのだった。そんなとき、響子の学校で大量のパンツ消失事件が起こった! 響子はストライプと協力し、パンツ泥棒の宇宙人を追うことになるのだが――!?
審査会騒然のハートフル・ピュアコメディ、堂々優秀賞を受賞して登場!

上で紹介した『代償のギルタオン』とは真逆のジャンルであるこの作品。
主人公はなんとパンツ! そしてヒロインは純情少女。設定が頭おかしい。
この二人…じゃなかった、一人と一枚の織りなすコメディに心温まります。

『後宮楽園球場』 集英社SD文庫 著:石川博品 イラスト:wingheart

後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社スーパーダッシュ文庫 い 7-1)

〈あらすじ〉
大白日(セリカン)帝国――野球の巡業で身を立てていた白日(セリカン)人が興(おこ)した国。その皇帝(スルタン)暗殺の野望を胸に秘める少年・海功(カユク)は宮廷に入りこむため、少女に扮(ふん)して後宮(ハレム)の一員となる。新入り宮女として勤務しはじめた彼が見たものは、帝国中から集められた美少女たちが、野球で皇帝の寵愛(ちょうあい)を争う熱狂の楽園、すなわちハレムリーグであった。野球少年の海功(カユク)もハレムリーグに巻き込まれていき――!?

野球に後宮…ハーレム。
「どうやったら混ざり合うんだ?」と思うだろうが、この二つの素材が見事料理されている。
野球はちょっと、という方も気にせず読んで欲しい。面白さは管理人が保証します。

『グランクレスト戦記』 富士見ファンタジア文庫 著:水野良 イラスト:深遊

グランクレスト戦記  1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
混沌がすべてを支配する大陸。人々は混沌により生じる災害に怯え、それを鎮める力〈聖印〉を持つ、君主に守られ生きてきた。
だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく――
理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオ。
「わたしは騎士テオの聖印と契約し、永遠の忠誠を誓います」
ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか!? 秩序の結晶である〈皇帝聖印〉を巡り繰り広げられる一大戦記ファンタジーが、いま始動する!!

超ベテラン作家・水野良が描き出す新たなファンタジー。
洗練された文章は非常に読みやすく、軽快な速度で転がり続ける物語に夢中になる。
シェアード・ワールド作品の基礎となる物語であり、同レーベルとMF文庫Jで外伝作品が展開される。

2013年下半期は以上の4作品。
上半期も含めると合計14作品の紹介になりました。