飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹さえいればいい。 9」感想

妹さえいればいい。 9 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
相生初に続き、第15回新人賞受賞者たちの作品が続々と刊行された。那由多に憧れる笠松青菜もどうにかデビューを果たすのだが、待っていたのは酷評の嵐だった。伊月はそんな彼女の姿に自分のデビュー当時のことを思い出し、励ましの言葉をかける。一方、いよいよ放送が近づいてきた『妹のすべて』のアニメ制作ではさらなるトラブルが相次ぎ、京はいよいよ就職活動が始まり、千尋の前にもお掃除ロボットではなくちゃんと人間のライバルが登場する。大人気青春ラブコメ群像劇、妹がいっぱいの第9弾登場!!

ようやくタイトルに準ずる展開になってきたような。那由多とくっついて、トラブルはありながらも仕事はまあまあ順調である今、全てをひっくり返すにはやはり「妹」という爆弾が必要であった。

今回は「妹」続きの巻であった。特に青葉さんが伊月にデレるまでの流れはお約束すぎて好きです。しかし「お兄ちゃん」と呼ぶまでに仲が発展するとは思わなんだ……あとそれを容認する那由多も那由多でどうかしてます。まあこのカップルは基本、どうかしてるのだけど。

「妹」続きで鬱憤が溜まる千尋さん。真の妹なのに妹と言い出せないもどかしさよ。導火線に火がついていたところでこのラスト。まあドカンと行きますわね。これで「なにいってるんですかー」みたいな展開でなかったことにするのは無しの方向で(笑)

もう10巻の大台に乗るから安定せず荒波のような流れにして欲しい。