飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

電撃文庫

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI」感想

〈あらすじ〉 イクタの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、とても子供っぽく、見た目は愛らしいのだが、たしかに尋常な人材ではなかった。厳粛な空気が流れる国政の場…

「最果てのパラディンI 死者の街の少年」感想

〈あらすじ〉 かつて滅びた死者の街。そこには1人の生きた子供が存在した。人生の落伍者となり、何もできずに死を迎えた記憶を持ち、無力感に苛まれる少年ウィル。そんな彼を育てるのは、3人のアンデッド。豪快な骸骨の剣士、ブラッド。淑やかな神官ミイラ…

「穿天のセフィロト・シティ」感想

〈あらすじ〉 72時間の《デッドタイム》――これが地表遙か上空に生きる樹層都市の人間に定められた命の残量だ。全人類に等しく課せられた絶命へのカウントダウンを断ち、72時間までリセットする唯一の方法――それは《生命樹》から生まれる《罪獣(グリム)》を倒…

「俺を好きなのはお前だけかよ (3)」感想

〈あらすじ〉 『俺に尽くしたい』と切に願う、転校生の美少女。歴戦のラブコメ主人公のみ許されるオンリーイベントが、モブキャラな俺に到来だと! ? でもな。ちょっと待ってほしい。世のラブコメ主人公と呼ばれる奴らは、転校生が急に好意を示してきたら、次…

「エロマンガ先生 (7) アニメで始まる同棲生活」感想

〈あらすじ〉 「『世界で一番可愛い妹』アニメ化決定、おめでとうございます」 二人で創った小説のアニメを、兄妹一緒にリビングで観る――『二人の夢』にまた一歩近づいた和泉兄妹。興奮冷めやらぬままマサムネはアニメの脚本会議に臨むが、そこで出会った制…

「女の子が完全なる恋愛にときめかない3つの理由」感想

〈あらすじ〉 男女の恋愛感情を利用して学内で莫大な利権を得ようと目論んだ神崎京一は、仲間の裏切りにあい、所属サークルを追放されてしまう。実はこの学校には、男子には見えない恋愛に関する"女子の裏ルール"が存在し、男子は密かに格付けされていた。さ…

「ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティング」感想

〈あらすじ〉 「――キリトくんだ。わたしのキリトくんが、帰ってきた……」 ≪アンダーワールド≫全土が混沌と化す、≪最終負荷実験≫の二日目。 ≪人界軍≫最強の整合騎士ベルクーリ、スーパーアカウント・太陽神ソルスを持つシノンを打ち破ったガブリエルは、≪ワー…

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 10」感想

〈あらすじ〉 帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、一気に力を増す敵を目の前に、出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。一方、〈不眠の輝将〉ことジャ…

「アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋」感想

〈あらすじ〉 中学内格差の頂点・能美征二による謀略は去った。“スカイ・レイカー”も加速世界に復帰し、これにより黒雪姫率いる“ネガ・ネビュラス”は、他の軍団に見劣りしない勢力となっていった。とある日、ハルユキは軌道エレベータ“ヘルメス・コード”に日…

「アクセル・ワールド〈4〉蒼空への飛翔」感想

〈あらすじ〉 日常で≪ブレイン・バースト≫を巧みに使いこなし、中学内格差(スクールカースト)の頂点に君臨する謎の新入生・能美征二(ノウミセイジ)。ハルユキは、能美の狡猾な策略によって自身の≪翼≫を奪われ、完全敗北を喫した。 ──しかし、ハルユキは…

「アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者」感想

〈あらすじ〉 「ゲームオーバーです、有田先輩…いえ、シルバー・クロウ」学内一の美少女・黒雪姫との出会いによって人生が一変した少年、ハルユキ。デブでいじめられっ子だった彼も、立派な“騎士”として成長していた。季節は春。二年生となったハルユキたち…

「アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫」感想

〈あらすじ〉 黒雪姫との出会いにより、一回り成長したハルユキ。そんな彼のもとに、「お兄ちゃん」と呼ぶ見ず知らずの小学生・トモコが現れる。二人のいちゃいちゃする様子を見た黒雪姫の冷徹な視線がハルユキを貫く中、「加速世界」では、謎の事件が勃発し…

「アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還」感想

〈あらすじ〉 どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って…

「ソードアート・オンライン プログレッシブ 4」感想

〈あらすじ〉 自身の仮想体(アバター)の死が現実の死となるデスゲーム《ソードアート・オンライン》に閉じ込められて二ヶ月弱。攻略の最前線であるキリトとアスナは第五層へと到達していた。迷路のような街並みと極端に森や川などの自然が少ないこの≪遺跡エ…

「ソードアート・オンライン プログレッシブ 3」感想

〈あらすじ〉 「行くぞ、アスナ! しっかり掴まってろよ! ――ティルネル号、発進!」 謎めいたダークエルフ騎士のキズメルといっときの別れを交わし、アインクラッド第四層を目指すキリトとアスナ。扉を開けた二人の行く手を、勢いよく流れる谷川が阻む。正…

「ソードアート・オンライン プログレッシブ 2」感想

〈あらすじ〉 アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、…

「ソードアート・オンライン プログレッシブ1」感想

〈あらすじ〉 「このゲームはクリア不可能なのよ。どこでどんなふうに死のうと、早いか…遅いかだけの、違い…」茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。“第一層フロアボス攻略会議”当…

「ソードアート・オンライン (17) アリシゼーション・アウェイクニング」感想

〈あらすじ〉 ――≪光の巫女≫アリス。 ――≪闇の軍勢≫すべてを犠牲にしてでも、我が手中に収める。≪最終負荷実験≫二日目。整合騎士による命がけの奮闘により劣勢になった≪ダークテリトリー軍≫は、卑劣な手段で反抗を開始する。アンダーワールドを外部から観測し…

「ソードアート・オンライン (16) アリシゼーション・エクスプローディン」感想

〈あらすじ〉 人界暦三八〇年十一月。 アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。 暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍5,000。 ≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫の…

「ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング」感想

〈あらすじ〉 「キリト、教えて……。私は……どうすればいいの?」 最高司祭アドミニストレータを倒した代償、それはユージオの死、そしてキリトの精神喪失だった。激闘から半年後。アリスは、意志の無い虚ろな表情で車椅子に乗るキリトと≪ルーリッドの村≫に身…

「ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング」感想

〈あらすじ〉 《公理教会》の象徴である白亜の塔《セントラル・カセドラル》。隔離された大図書室の賢者《カーディナル》の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを《本当の姿》に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するた…

「ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング」感想

〈あらすじ〉 「咲け、青薔薇」 《公理教会》の象徴である白亜の塔《セントラル・カセドラル》、最高司祭《アドミニストレータ》の待つ最上階を目指すキリトとユージオ。ついに二人は、《金木犀》の整合騎士アリスと再び対面する。しかし、キリトとアリスの…

「ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング」感想

〈あらすじ〉 幼少の頃から追い求めた少女・アリスとついに再会したユージオ。しかし、そのアリスに、昔の――≪ルーリッドの村≫時代の面影は無かった。禁忌目録を破ったキリトとユージオを捕らえるために来たというアリス。彼女に幼少の記憶は無く、そして自身…

「ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング」感想

〈あらすじ〉 キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、ユージオと出会って二年が過ぎた。≪北セントリア帝立修剣学院≫の≪上級修剣士≫となった二人は、人界最強の秩序執行者≪整合騎士≫目指し、修行の日々を過ごしていた。 ≪上級修剣士≫のキリトとユージオに…

「ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング」感想

〈あらすじ〉 謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。≪NPC≫とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都≪セントリア≫に向かい、そして、二年が過ぎた――。 キリトと…

「ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング」感想

〈あらすじ〉 「ここは…どこだ…?」目を覚ますと、キリトは巨木が連なる森の中―ファンタジーの“仮想世界”に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨う彼は、一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この仮想世界の住人―つまり“NP…

「ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト」感想

〈あらすじ〉 “SAO”中階層で、一人のプレイヤーが殺された。その殺害現場は、決してHPが減るはずのない“安全圏内”だった。これはプレイヤー・キルだと仮定するも、その殺害方法に全く見当がつかず…。奇怪な事件を、キリトとアスナが追う(『圏内事件』)。“ALO…

「この大陸で、フィジカは悪い薬師だった」感想

〈あらすじ〉 僕は絶対許さない。エイル教の教典『ラズの書』に記された禁忌を冒し『害獣』を治療して回る異端者フィジカを――。 彼女はその可愛い見た目(あくまで見た目だけ!)とは裏腹に、人間の治療を拒否するんだ。薬師なのに! だから僕は、フィジカを…

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) 」感想

〈あらすじ〉 ようやく反乱分子の掃討を終え、国内を掌握したかに見えた女帝シャミーユ。しかしアルデラ教徒に不穏な動きがあることを知り、その真相を探るべく、信頼厚いマシューとサザルーフに、ある任務を命じるのだった。一方、捕虜としてカトヴァーナ帝…

「俺を好きなのはお前だけかよ (2) 」感想

〈あらすじ〉 ここで質問。ある日突然、複数の美少女とラブコメイベントが発生したらどうする? もちろん迷わずラッキースケベるよね? でも、もしスケベると自分の人生が終わるとしたら……どうする? 俺こと如月雨露は、今その状況にいます。 「一人の男が、何…

「ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆」感想

〈あらすじ〉 君は世の中が間違っていると思ったことはあるかい? もし不満があるなら君は反逆しなければならない。だが気をつけなきゃならないのは、君の行動でとても迷惑する人が出ることと、このぼく、ブギーポップに殺されてしまうかも知れないってことだ…

「俺たち!! きゅぴきゅぴQピッツ!」感想

〈あらすじ〉 高校生活の中で最も重要なイベント。 それは「恋愛」。 しかし、そのうち約99%は、相手に想いを告げることなく終焉を迎えてしまう。そんな隠された恋心、告げられぬ想いを捜査し、解決に導く集団がいた。それが、恋愛警察。通称『Qピッツ』。彼…

「エロマンガ先生 (6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由」感想

〈あらすじ〉 エロマンガ先生、禁断の初顔出し! 担当編集によって仕組まれた陰謀から紗霧を守ったのは、セーラー服を着たうら若き『氷の姫君』の写真だった。兄妹の保護者、京香との新たな関係が描かれる。その一方で、和泉マサムネは、『山田エルフちゃんと…

「ただ、それだけでよかったんです」感想

〈あらすじ〉 ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。 自殺の背景には"悪魔のような中学生"菅原拓による、Kを含めた4人の生徒への壮絶なイジメがあったという。だが、Kは人気…

「俺を好きなのはお前だけかよ」感想

〈あらすじ〉 ここで質問。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? しかもお相手は一人じゃない。クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!! 意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そして告げられた『想い』と…

「サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣―」感想

〈あらすじ〉 銃よりも、戦車よりも、"刀剣"が強き力を持つ"もう一つの現代"――。それらを受け継いだ少年少女たちによる、新時代の剣戟バトルの火蓋が切られる! 刀剣ヲタクが高じ、刀剣管理機構『SEAS』に籍を置いた少年・方助は、かつて自分の命を救った一振…

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8)」感想

〈あらすじ〉 国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。一方、隣国のキオカ共和国でも内紛が起こる。その鎮…

「僕と彼女のゲーム戦争 (9) 」感想

〈あらすじ〉 前回参加した大会がきっかけで、ゲームの上級者になるにはどうしたらいいのか悩んでいた岸嶺。天道や瀬名など部活のメンバーにアドバイスを求めていると、なんと気分転換という名目で杉鹿からデートに誘われてしまう。杉鹿と一緒に行った遊園地…

「エロマンガ先生 (5) 和泉紗霧の初登校」感想

〈あらすじ〉 12月、紗霧のクラスメイト・神野めぐみらの提案でクリスマスパーティを開くことになった和泉マサムネ。めぐみと山田エルフ、そして高砂智恵の初顔合わせや、エルフとっておきの“隠し球”、紗霧の可愛い企みなど、波乱必至のクリスマス。1月、マ…

「聖剣士VSブラック企業 ~ラノベ作家、社畜エルフを救う!?~」感想

〈あらすじ〉 一億人の温厚で勤勉なエルフたちが暮らす国ヤーパンランド。その国で最近問題になっているのが、労働者を酷使する「ブラック企業」の存在であった。そんなブラック企業から聖剣士によって救われたエルフの少女、森下カレナリエル。真面目で巨乳…

「ザ・ブレイカー (3) 虚ろの神は人世を狂わす」感想

〈あらすじ〉 林間学校を楽しむ葉台高校の生徒たち150名以上が、まとめて拉致される事件が起こる。犯人は、武装した大勢の信徒を率いる、狐面をかぶった少女。 「我が名は“生虚神”。ヒトの未来を担う神でございます」 そう名乗る狐面の彼女こそ、凶悪なテロ…

「レオ・アッティール伝 (1) 首なし公の肖像」感想

〈あらすじ〉 西のアリオン王国、東の聖ディティアーヌ連盟と二つの大国に挟まれたアトール公国。その第二公子、レオ・アッティールはアリオンへ人質同然で送り出され、辺境の太守のもとで武芸と学問に励んでいた。 そして時代は転換点を迎える。 アトールと…

「僕と彼女のゲーム戦争 (8) 」感想

〈あらすじ〉 秋葉原のゲーセンで遊んでいたことが父にバレてしまい、部活禁止を言い渡されてしまった天道。天道の部活復帰のために自宅を訪れた岸嶺たちは、世界レベルで商業的に成功したゲームの例を提示することで、どうにか天道の父の理解を得ることに成…

「独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) 」感想

〈あらすじ〉 「電撃文庫MAGAZINE」連載の、図ありイラストあり、挙句はQRコードすら載った奇文珍文目白押しの短編が、1冊にまとまって文庫で登場! OLと退魔師、深窓の令嬢、ソムリエ、秘密結社、神主と破魔矢、人妻、大作家とコメ欄、徳川将軍とオーク、…

「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」感想

〈あらすじ〉 「電撃文庫MAGAZINE」で好評連載中のユニークすぎる短編が文庫化。死体を探しに行く検死官、対局にペットを連れてくるプロ棋士、勇者を何とかしたい魔王、若頭、サンダーファルコン、ビームサーベル、ライオン、うげげげと喋る牛、電撃文庫の妖…

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)」感想

〈あらすじ〉 軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つに勢力に分裂する。旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてし…

「コロシアム」感想

〈あらすじ〉 『扉の向こうのコロシアムで殺し合っていただきます』 少女が目を覚ますと、そこは見たこともない空間。拳銃とナイフが与えられ、殺し合いを強制される。無慈悲に仕組まれた死のゲーム。集められた30人のうち、生き残れるのはただ1人――。 高校…

「マンガの神様」感想

〈あらすじ〉 学校の廊下で美少女・楪葉とぶつかったその日から、高校生兼新人漫画家の僕の毎日はトラブルだらけ。 え? 彼女は実は僕の憧れの人気漫画家で、マンガみたいなトラブルを巻き起こす“マンガの神様”に憑かれてるだって!? 確かに楪葉は存在自体が…

「エロマンガ先生 (4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G」感想

〈あらすじ〉 「よーっく聞けよ――ニセモノ野郎。オレ様が“本物”の『エロマンガ先生』だ」 「エロマンガ先生」の正統後継者を名乗る「エロマンガ先生G」の登場に動揺する紗霧。「エロマンガ先生」という恥ずかしいペンネームには、大きな秘密が隠されていた…

「運命に愛されてごめんなさい。」感想

〈あらすじ〉 我が校には運命力学に従って、毎週月曜日に転校生がやってくる。そして彼らは転校初日に全校生徒の前で予言を口にする。どうして? それが運命だからさ! そんなことより重要なのは、その週にやってきた転校生・シイナの予言だ。なんと僕・皐月…